投資部

【LENDEX(レンデックス)】危ない投資なの?詐欺などのリスクについて検証授業

【LENDEX(レンデックス)】危ない投資なの?詐欺などのリスクについて検証授業

こんにちは、財前先生です。

LENDEX(レンデックス)というソーシャルレンディングの投資の情報が入ってきました。

LENDEX(レンデックス)は危ない投資なのでしょうか?

そこで今回の授業では、LENDEX(レンデックス)について検証していきましょう!

本日の授業内容・LENDEXとは?
・LENDEXの運営会社の情報とは?
・LENDEXは怪しい投資?

LENDEX(レンデックス)についての相談はもちろんのこと、ご自身が参加している投資や気になっている投資など、投資の相談がしたい方は気軽に私のLINEまでご相談ください。

今は投資の相談はない方でも、私のLINEに登録しておくだけで投資において必要な情報を受け取ることができます。

また、LINE登録者限定で特別授業も行っていますので、興味がある方はご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン

LENDEX(レンデックス)の投資【結論】

まずは、LENDEX(レンデックス)の投資について結論をまとめていきましょう。

・不動産ソーシャルレンディングの投資
・投資資金2万円から始められる
・営業電話が掛かってくる事例がある
LENDEX(レンデックス)の投資についてはこのような結論となります。
今日の授業では、LENDEX(レンデックス)の投資内容の解説と、参加のリスクについて説明していきます。
LENDEX(レンデックス)について中立的に解説していきますので、投資先を決めるひとつの判断材料にしていただけたらと思います。

LENDEX(レンデックス)の投資について

LENDEXは不動産ソーシャルレンディングの投資案件を提供しており、10%近い高い利回りと1年以内の短期案件を中心としてサービス展開しています。

これまでに255億円も超えるローン実績16,000人以上の累計登録者数を有しており、相応の実績数も記録しています。

また、利息は毎月分配型手数料も無しであり、投資金額も2万円からという低額投資でもあるため、元本割れのリスクを軽減して投資を行うことが可能です。

また、分配金は毎月もらうことができ、複利効果に期待することもできます。

特に維持費もかからないため、手軽に投資をしたい人でも参加しやすい内容となっています。

ソーシャルレンディングは短期で投資できる案件や担保がついているケースが多いため、注目されている方法です。

ソーシャルレンディングの投資提供してるLENDEX(レンデックス)ですが、どのような仕組みで儲けることができるのか確認していきましょう。

LENDEX(レンデックス)の仕組み

LENDEX(レンデックス)の投資で配当が発生する仕組みについて、解説していきます。

利益は毎月分配により発生

ソーシャルレンディングは満期一括型が多く、毎月分配金をもらえる投資先は少ないです。

しかし、LENDEX(レンデックス)の場合は投資家に毎月利回りに応じて分配される仕組みです。

ファンドを保有している際は不動産から事業収入を得ることができ、事業者に支払われます。

その後は利息を含めてLENDEX(レンデックス)に支払いが行われ、利益の分配をそれぞれ個人投資家たちに分配される流れです。

投資額にもよりますが、少額でも毎月利益を得ることができるなら、副収入として計算しやすく、コツコツ資金を貯めていくことはできるようです。

ファンドが終了した後は、不動産から事業収入と事業者から元金の支払いが行われ、LENDEX(レンデックス)からそれぞれの個人投資家に分配されていきます。

つまり、LENDEXが仲介役として事業収入と利息、元金の支払いを行うようになっており、しっかり分配金を得ることができるという仕組みです。

大部分に不動産担保を設定

LENDEX(レンデックス)では高い利回りにも関わらず、大部分の案件に不動産担保が設定されています。

また、自社で不動産の査定を行って利益を出せるようにしていますが、東証一部の上場企業グループである東急リバブルにも査定を依頼しています。

そのため、独自目線だけでなく第三者の視点も考慮して経営を行っています。

東急リバブルは上場企業として有名なので、査定依頼は安心感があると言えるでしょう。

また、自社と比較しながら低い方の80%を上限にファンド組成しています。

担保不動産の価値が下落ちしてしまっても、20%までならば元本割が起こらない仕組みにしています。

そのため、LENDEX(レンデックス)は2017年7月にサービスを開始していますが、2020年1月までは遅延や元本割れなども0件という実績も得ています。

このように、LENDEX(レンデックス)の投資ではファンドの貸し倒れリスクを軽減できるようにしていると言えるでしょう。

LENDEX(レンデックス)の会社情報

LENDEX(レンデックス)で投資をするにしても、会社情報が曖昧であったり、情報量が少なかったりすれば、不安要素も大きいため安心できる投資先とは言えません。

LENDEX(レンデックス)では、公式サイトにアクセスすることができ、公式サイトでは会社情報も書いてあるため内容を確認することが可能です。

企業情報では、企業名や設立年数、資本金、住所、電話番号など、企業としての情報を確認できる一定の要素が記載されています。

LENDEX(レンデックス)の公式サイトもしっかり作られており、決算報告書なども確認できるようになっています。

他の投資案件と比較しても、特に問題となる部分はないため利用検討できるでしょう。

・企業名:株式会社LENDEX
・設立:2000年8月1日
・資本金:1億9,000万円ほど
・所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目1番11号郁文堂青山通りビル5階
・電話番号:03-6452-6922

LENDEX(レンデックス)は投資詐欺なの?

ここまでLENDEX(レンデックス)の投資について特徴や仕組みを解説してきました。

LENDEX(レンデックス)では、利回りや分配金などでメリットもありますが、同時にリスクがある投資です。

LENDEX(レンデックス)のリスクについて、事前にしっかりと確認しておくことは大事です。

申込みが大変

LENDEX(レンデックス)の案件は、受付と同時に申込みをすることができます。

ただ、常にパソコンに張り付いて他の投資家よりも早くクリックをしなくてはいけないため、タイミングを待たなくてはいけません。

投資の受付時間は18時〜20時となっており、一部17時開始の案件もあるとのこと。

そして、平日に申し込みが始まる案件も多いようです。

投資したい案件があったとしても、仕事をしている人であれば、タイミングを合わせて開始時間にパソコンの前に張り付いておくことは難しいでしょう。

開始に合わせて案件申込みしなくてはいけない場合、自分の欲しいファンドを得られないこともあるようです。

短期的な投資

LENDEX(レンデックス)の運用期間は、約1年間です。

長期的な投資の方が増額を見込めたり、後に大きな金額を回収することもできる場合があります。

自分の予想通り、またはそれ以上の利益を回収できる期待を持てるという点はあるでしょう。

しかし、短期的な場合は自分の投資金額にもよりますが、利益が少ししか得られない可能性も高いです。

特に、LENDEX(レンデックス)は2万円と言う金額から投資が行えるようにしていますが、投資金額が少ないなら配当金で得られる収入も少なくなります。

そのため、どれほどの金額を投資して収入を得たいのか計画して利用する必要があるでしょう。

営業電話がかかってくるトラブル

また、LENDEX(レンデックス)は営業の電話がかかってくるトラブルが多発しているようです。

愛沢えみりさんのYouTubeチャンネルの案件でプレゼント企画が行われており、個人情報を登録することにより投資の営業電話がかかってくるという流れです。

YouTubeを利用して広告による知名度のアップや集客を行うことはありますが、個人情報の登録によってLENDEX(レンデックス)から電話がかかってくるのは、少し不安も感じるはずです。

投資にあまり関心が無くても営業電話がかかってくるようなら迷惑でもあり、自分の個人情報の流出も危惧されるでしょう。

大きな被害が出ているわけではありませんが、LENDEX(レンデックス)の勧誘の手法に疑問を持つ人もいるのではないでしょうか?

LENDEX(レンデックス)の投資 まとめ

本日の授業では、LENDEX(レンデックス)の投資について解説してきました。

LENDEX(レンデックス)はソーシャルレンディングとして投資のメリットもありますが、一方でリスクもあるため慎重に利用を検討する必要があります。

LENDEX(レンデックス)の情報については、引き続き情報を追っていきたいと思います。

最後に、禁断の投資学校では投資案件の調査や、LINE登録者限定の特別授業を行っています。

LENDEX(レンデックス)の投資に限らず、投資案件の調査をお願いしたいという方は、LINEまでご相談ください。

また、LINEでは投資家として必ず知るべき情報についても紹介しています。

投資相談は無料です。情報の受け取りについても費用はいただいていませんので、ぜひ情報のひとつとしてお受け取りください。

禁断の投資学校

本日の授業は以上です。次回の授業もお楽しみに!

▼関連記事はコチラ

【オメガプロ(OmegaPro)】FXは出金できない?ポンジスキームの投資なのか検証授業
【オメガプロ(OmegaPro)】飛んだ?出金できないFX?ポンジスキームの投資なのか検証授業 こんにちは、財前先生です。 オメガプロ(OmegaPro)というFX投資の情報が入ってきました。 オメガプロ(OmegaPro)は飛...
ABOUT ME
財前先生❤️なっちゃん
財前先生❤️なっちゃん
財前先生と生徒なっちゃんの投資学校です。投資詐欺について注意喚起したり投資の考え方について解説しています。SNSも更新していますのでチェックして下さいね。
私からのメッセージ

記事下CTA

【警告】財前先生に相談する前に投資しようなんて考えちゃいけません!

禁断の投資学校では、財前先生と生徒なっちゃんが、ありとあらゆる投資案件の調査を行い、優良な投資案件の紹介金融リテラシーの向上に繋がる知識の情報共有を行っています。

世の中の投資案件を調査してわかったことは、

・運用成績が悪く資金が目減りした
・運用に失敗して資金を失った
・出金申請しても出金されない
・運用側と連絡が取れない
・運用側が飛んで資金を持ち逃げされた

など、99%は詐欺だということです。

これまでにも、投資案件の詐欺に遭い泣き寝入りした人の相談に何度も乗ってきました。

しかしそのような中で、「本当に稼げる優良な案件」というのも存在しています。

投資で成功するためには、何よりも「人脈」「情報」が命です。

私は、投資における最強の人脈と、世に出回らない稼げる情報を持っています。

禁断の投資学校に入学することで、あなたは二度と騙されることなく、私が紹介する案件で大切な資金を増やし続けることができるようになります。

人それぞれ夢や目標は違いますが、私を信じてついてきてくれた人は「豊かな生活を手に入れた」「親孝行できた」「好きなだけ旅行に行けるようになった」「借金を完済できた」などなど沢山の嬉しいお声をいただいており、禁断の投資学校を始めて本当に良かったと思っています。

些細なことでも構いませんので、投資に関するお悩みがあれば、ぜひ私を頼ってもらえたら嬉しいです。

もちろん無料で相談に乗りますので、「この投資案件は大丈夫なのか?」「詐欺にあったかもしれない…」「現状を打開したい」など、抽象的な内容で構いませんので、ぜひお気軽にご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン