【ストリームコイン(StreamCoin)】怪しい仮想通貨投資なの?上場はいつ?詐欺なのか検証授業

【ストリームコイン(StreamCoin)】怪しい仮想通貨投資なの?上場はいつ?詐欺なのか検証授業

こんにちは、財前先生です。

ストリームコイン(StreamCoin)という動画ストリーミングの仮想通貨の情報が入ってきました。

ICOで参加して稼げると言われている仮想通貨投資のようですが・・・何やら調査していると怪しい情報も出てきました。

そこで本日の授業では、ストリームコイン(StreamCoin)についてその内容や、リスクやデメリットなどについても解説していきます。

本日の授業内容・StreamCoinとは?
・StreamCoinの会社は怪しいの?
・StreamCoinの上場情報について

ストリームコイン(StreamCoin)についての投資の相談はもちろん、ご自身が参加している投資や気になっている投資など、投資の相談がしたい方は気軽に私のLINEまでご相談ください。

今は投資の相談はない方でも、私のLINEに登録しておくだけで投資において必要な情報を受け取ることができます。

LINE登録者限定で特別授業も行っていますので、興味がある方はご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン

ストリームコイン(StreamCoin)の結論

まず始めに、ストリームコイン(StreamCoin)の仮想通貨について結論からまとめていきます。

・動画ストリーミングに特化したコイン
・プレセール後上場したが価格は大暴落
・怪しいICO案件だった可能性がある
・焦って購入する必要性はないと感じる

ストリームコイン(StreamCoin)の仮想通貨についてまとめると、このような結果となります。

この授業では、ストリームコイン(StreamCoin)について特徴や上場に関する情報や現在の価格情報からリスクはあるのか、投資家の目線から解説していきます。

ストリームコイン(StreamCoin) 仮想通貨とは?

ストリームコイン(StreamCoin)とはどのような仮想通貨投資なのでしょうか?

ストリームコイン(StreamCoin)について概要を解説していきます。

ストリームコイン(StreamCoin)とは?

ストリームコイン(StreamCoin)を簡単に解説すると、見て稼ぐ「Watch to Earn」の仮想通貨です。

ストリームコイン(StreamCoin)では、動画視聴者と動画配信者を繋ぐプラットフォームです。

世界中どこにいても、自分が応援する動画配信者に投げ銭ができるといった機能を備えています。

ストリームコイン(StreamCoin)のホームページには、プロジェクトの概要についてこのように書かれています。

・ストリームコイン ブロックチェーン
ストリームコインブロックチェーンはストリーマーと視聴者を直に繋ぎます。ブロックチェーン技術によって第三者に高額費用を支払うことなく、素早く投げ銭を送金出来ます。 ブロックチェーン技術を通じて、世界中どこでも自分が応援するストリーマーにストリームコインを送金出来ます。視聴者とストリーマーは第三者を介さず、簡単に直に話し合うことが出来ます。

ストリームコイン(StreamCoin)では投げ銭ができる他にも、YoutubeやFacebook、17LIVといった世界中の動画ストリーミングサイトの情報を、ストリームコイン(StreamCoin)でまとめて配信できる仕組みを作り上げることを目的としています。

ようは、ストリームコイン(StreamCoin)のサイトだけで、世界中のストリーミングサイトの動画を視聴できるようにするプロジェクトということです。

コロナなどの影響で、動画を視聴する時間が増えてきています。

このような状況の中で、今回のストリームコイン(StreamCoin)が実現できれば、世界的に見ても大きな革命と呼べるほどのプロジェクトでないかと考えます。

また、ストリームコイン(StreamCoin)では、動画をNFT化することもでき、画像のようなイメージで、動画をNFTにして販売することもできるようです。

このように、ストリームコイン(StreamCoin)ではストリーミング動画に特化したプロジェクトだと言えるでしょう。

メイトーク(MeiTalk)とは何か?

ストリームコイン(StreamCoin)について理解する上で必要な情報が「メイトーク(MeiTalk)」です。

メイトーク(MeiTalk)とは

メイトーク(MeiTalk)では、50以上もの動画ストリーミング配信を同時に行うことができるサービスです。

メイトーク(MeiTalk)を使うことで、一度のクリックでYouTube、Twitch、Facebook、Twitterなどの世界中の動画を全て同時に再生することができるようです。

また、メイトーク(MeiTalk)ではAIを使って同時通訳でリアムタイムで翻訳してくれる機能もあります。

すでにメイトーク(MeiTalk)では、NFTの動画販売なども行われているようです。

しかし、まだメイトーク(MeiTalk)はローンチされたばかりのプラットフォームです。

今後、プロジェクトの進行とともにメイトーク(MeiTalk)に関しても、事業が進んでいくものだと考えられます。

ストリームコイン(StreamCoin)の会社情報

ストリームコイン(StreamCoin)は、どのような会社が紹介している仮想通貨なのでしょうか?

ホワイトペーパーには記載なし

ストリームコイン(StreamCoin)の会社情報を調べてみるために、ホワイトペーパーから情報を探してみました。

ストリームコイン(StreamCoin)のホワイトペーパーは約42Pあり、細かいプロジェクト内容が記載されています。

また、日本語で書かれている点も読みやすく良心的にも感じます。

しかし、ストリームコイン(StreamCoin)のホワイトペーパーには、会社情報は書かれていないようです。

また、ストリームコイン(StreamCoin)のプロジェクトメンバーをホームページで確認することができました。

ストリームコイン(StreamCoin)には、海外のブロックチェーン開発者等が関わっているようです。

この他にも、ストリームコイン(StreamCoin)の投資家およびパートナーとして、バイナンスやスローミスト等の名だたる会社が関わっているようです。

しかし、ストリームコイン(StreamCoin)の会社情報等の具体的な内容についてはつきとめることができませんでした。

海外企業が関わっている

ストリームコイン(StreamCoin)のホームページや情報を見ても分かる通り、ストリームコイン(StreamCoin)には海外企業が関わっているようです。

ストリームコイン(StreamCoin)のホームページも、英語表記で書かれていますね。

そこでネットで、ストリームコイン(StreamCoin)の会社情報について調査も行ってみました。

しかし残念ながら会社情報について触れているクチコミサイトや、Youtube動画等の情報を見つけることはできません。

ストリームコイン(StreamCoin)は海外サイトであること以外の情報については不明です。

ストリームコイン(StreamCoin)の価格は暴落

ストリームコイン(StreamCoin)は、2022年2月1日〜4月30日までICOが行われていました。

ストリームコイン(StreamCoin)のプレセールは終了しており、上場しました。

ストリームコイン(StreamCoin)の価格動向について情報を追ってみましょう。

STRMのプレセール情報について

ストリームコイン(StreamCoin)のプレセール情報をまとめました。

・期間:2022年2月1日〜4月30日
・販売価格:0.9ドル
・上場日:2022寝5月2日
・上場先:世界100箇所に同時上場
・上場時価格:1.5ドル〜3ドル予想

このような内容となっています。

ストリームコイン(StreamCoin)をプレセールで購入し、予想通りの価格になることで、1.5倍〜3倍以上の利益を稼ぐことができるといった内容です。

では、ストリームコイン(StreamCoin)の現在価格などの情報について確認していきましょう。

上場後価格は暴落!

ストリームコイン(STRM)の現在価格がこちらです。

現在の価格は画像の上、日本円で14円となっています。

プレセールの価格は0.9ドル(約117円)でしたので、ICO割れの結果、10分の1にまで暴落しています。

つまり、プレセールで購入した人のそのほとんどが大きな損失を出しており、投資した金額の10分の1にまでなっているということです。

上場価格の予想は1.5ドル〜3ドルと言われていましたが、現状ではこの価格から高騰させるのはかなり厳しい状況とも言えるでしょう。

言い換えると「買い時」とも言えるかもしれません。

しかし、価格暴落の状況は不安さえも感じてしまう状況で、とてもストリームコイン(STRM)をおすすめできる状況とは言えません。

無事に上場したとしても、価格が暴落し売り圧が強いという状況では、不安に感じている人も多いようです。

ストリームコイン(STRM)の今後の価格動向は確認していく必要がありますね。

ストリームコイン(StreamCoin)まとめ

本日の授業では、動画ストリーミング再生に特化した「ストリームコイン(StreamCoin)」について解説しました。

ストリームコイン(StreamCoin)はICOで世界中でプレセールが行われていました。

しかし、結果としては上場後に価格は大暴落し、大きな損失を出している状況です。

現在の価格でストリームコイン(StreamCoin)を売却しても、資産は10分の1でしかありません。

そのため、利確はせずに保有する他、ステーキングで運用するといった方法もあるようです。

価格の暴落を確認すると、買い時とも言えるかもしれませんが、私個人の意見としては、今すぐに焦って購入する必要性はないと考えます。

ストリームコイン(StreamCoin)については、今後も情報を追っていきたいと思います。

最後に、禁断の投資学校では投資案件の調査や、LINE登録者限定の特別授業を行っています。

話題の「あのバブル」に乗れるチャンスを、あなたも掴むことができる絶好の機会です。

投資家として必ず知るべき情報を知りたい方は、ご登録のうえご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン

本日の授業は以上です。次回の授業もお楽しみに!

*こんな記事も読まれています

関連記事

こんにちは、財前先生です。 STEPN(ステップン)という仮想通貨と健康を掛け合わせた新しい投資情報が入ってきました。 STEPN(ステップン)とはランニングするだけで仮想通貨が稼げるアプリのようですが、稼げるアプリなのでしょうか? そ[…]

【STEPN(ステップン)】とは詐欺なの?怪しい仮想通貨のアプリ?ランニングで稼げるのか検証授業

【警告】財前先生に相談する前に投資しようなんて考えちゃいけません!

禁断の投資学校では、財前先生と生徒なっちゃんが、ありとあらゆる投資案件の調査を行い、優良な投資案件の紹介金融リテラシーの向上に繋がる知識の情報共有を行っています。

世の中の投資案件を調査してわかったことは、

・運用成績が悪く資金が目減りした
・運用に失敗して資金を失った
・出金申請しても出金されない
・運用側と連絡が取れない
・運用側が飛んで資金を持ち逃げされた

など、99%は詐欺だということです。

これまでにも、投資案件の詐欺に遭い泣き寝入りした人の相談に何度も乗ってきました。

しかしそのような中で、「本当に稼げる優良な案件」というのも存在しています。

投資で成功するためには、何よりも「人脈」「情報」が命です。

私は、投資における最強の人脈と、世に出回らない稼げる情報を持っています。

禁断の投資学校に入学することで、あなたは二度と騙されることなく、私が紹介する案件で大切な資金を増やし続けることができるようになります。

人それぞれ夢や目標は違いますが、私を信じてついてきてくれた人は「豊かな生活を手に入れた」「親孝行できた」「好きなだけ旅行に行けるようになった」「借金を完済できた」などなど沢山の嬉しいお声をいただいており、禁断の投資学校を始めて本当に良かったと思っています。

些細なことでも構いませんので、投資に関するお悩みがあれば、ぜひ私を頼ってもらえたら嬉しいです。

もちろん無料で相談に乗りますので、「この投資案件は大丈夫なのか?」「詐欺にあったかもしれない…」「現状を打開したい」など、抽象的な内容で構いませんので、ぜひお気軽にご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン