【全国福利厚生共済会】危険なの?ねずみ講?怪しいビジネスなのか検証授業

【全国福利厚生共済会】危険なの?ねずみ講?怪しいビジネスなのか検証授業

こんにちは、財前先生です。

全国福利厚生共済会というネットワークビジネスの情報が入ってきました。

全国福利厚生共済会は怪しいネットワークビジネスなのでしょうか?

そこで今回の授業では、全国福利厚生共済会について検証していきましょう!

本日の授業内容全国福利厚生共済会とは?
・全国福利厚生共済会の情報とは?
・全国福利厚生共済会は怪しいネットワークビジネス?

全国福利厚生共済会についての相談はもちろんのこと、ご自身が参加している投資や気になっている投資など、投資の相談がしたい方は気軽に私のLINEまでご相談ください。

今は投資の相談はない方でも、私のLINEに登録しておくだけで投資において必要な情報を受け取ることができます。

また、LINE登録者限定で特別授業も行っていますので、興味がある方はご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン

全国福利厚生共済会の結論

まずは、全国福利厚生共済会のネットワークビジネスについて結論をまとめていきましょう。

・一般の民間団体が運営
・福利厚生サービスを展開している
・ネットワークビジネスの要素大
・紹介できない人は稼げない仕組み
全国福利厚生共済会についてはこのような結論となります。

「全国福利厚生共済会」の名前だけ見ると、行政や政府など、しっかりした国の組織かなって思いませんか?

実は全国福利厚生共済会は“民間”の一般民間団体です。

全国福利厚生共済会では、主に会員を集めてその会員から会費を集めて事業を展開しています。

主な事業としては、お祝い金やブライダル、医療など幅広い福利厚生サービスを展開しています。 

全国福利厚生共済会では、月額いくらか集めて、結婚式や出産などのお祝いや、お葬式や告別式等の冠婚葬祭時に、会員から集めた会費の中からいくらかをクーポンや商品券等にして会員にプレゼントするというものです。

ここで注意しないといけないのは、プレゼントといっても、そのお金はあくまでも会費という点です。

全国福利厚生共済会の事業目的としては、「会員とその家族が生涯幸せに暮らせるようにサポートする」ものです。

全国福利厚生共済会の事業が本当に、会費以上の価値があるのか。

会員・その家族の幸せのために運営されているのか、解説していきます。

全国福利厚生共済会はねずみ講?内容とは

全国福利厚生共済会(全厚済)とは、「会員・その家族が誕生から死を迎えるまでの間、幸せに過ごすためにサポートする民間団体」のことです。

全国福利厚生共済会の運営費は、会員から集めた会費をもとに、会員・その家族のために多くの事業を提案したり、社会貢献のサポートを行っています。

具体的な活動としては、募金活動、支援活動、ボランティア活動などの“社会貢献”です。

「プライム会員」と「共済会員」

全国福利厚生共済会の事業制度には2種類あります。

「プライム会員」「共済会員」です。

全国福利厚生共済会では、それぞれ受けられるサービスが違います。

プライム会員になった場合は、ネットワークビジネスを行うことができます。

その中でも、ブログアフィリエイトなど、ネットワークビジネスと同じように権利収入がもらえるものもあるようです。

分かりやすく解説すると、“プライム会員”は、ネットワークビジネスをやる人向け。

“共済会員”は、ライフサポートサービスを受ける人向けという感じです。

目的ネットワークビジネス(マルチ商法)ライフサポートサービス
初回入会金8,000円2,000円
月額継続費4,000円2,800円

ちなみに共済会員で入会しても、途中からプライム会員になることもできます。

また全国福利厚生共済会という名前の安心感、ライフサポート内容から、若者よりも中高年の会員さんが多いようです。

報酬システム

全国福利厚生共済会の報酬の仕組みを調べてみると、まず紹介者は直下2人しかつけられません。

例えば、Aさんは勧誘したBさんとCさんを直下に付けられるけど、その後勧誘したDさんはBさんの下かCさんの下に付ける必要があるとのことです。

このことで、全国福利厚生共済会のネットワークビジネスは、下に伸びていくバイナリー方式になっているようです。

また全国福利厚生共済会の報酬システムは、全部で5種類ありました。

報酬システムについて調べてみると少し複雑でしたので、簡単に表でまとめてみました。

種類内容
イクスパンドコミッション紹介時にもらえる報酬。プライム会員で2000円。共済会員で1000円
ダイレクトコミッション条件ありの継続報酬。プライム会員で400円。共済会員で200円
アシスタントコミッション代わりに紹介してもらうシステム。プライム会員で2000円。共済会員で1000円
ラウンドコミッション下が増えるほど報酬がもらえるポイント制のシステム
ウィナーズコミッションランクにより報酬がもらえるシステム

全国福利厚生共済会ではたくさんの報酬システムが用意されているので、人それぞれのスタイルに合わせて活動ができる仕組みになっています。

全国福利厚生共済会の会社情報について

全国福利厚生共済会の会社情報について知っておきたい人もいるでしょう。

名所一般財団法人全国福利厚生共済会(全厚済) 
所在地〒675–0067 兵庫県加古川市加古川町河原333-1
電話079–457–0500
問い合わせ先079–457–0500
メールkyosai@kknw.jp
代表理事高井利夫
創立2002年(2009年一般財団法人の登記完了後、2012年に以降完了)
有効会員口数197,343口(2022年11月01日現在)
導入サービス11カテゴリー/総合サイトを含むサービス提供企業数600以上(2021時点)

また、全国福利厚生共済会の業務内容を紹介します。

  • イベント企画・運営
  • サービス立案・構築
  • 契約登録・管理
  • 会報誌企画・発刊
  • システム企画・運営等

全国福利厚生共済会は、上記の内容を行っている会社です。

全国福利厚生共済会は怪しいの?

全国福利厚生共済会とは怪しい投資なのでしょうか?

投資家目線から、全国福利厚生共済会についてリスクを解説していきたいと思います。

ネットワークビジネスの要素が強い

まず、全国福利厚生共済はネットワークビジネスなので紹介しないと稼げません。

つまり、簡単に権利収入が入ってくるような内容ではなく、労働のようにひたすら紹介を続けなければいけません。

また、自分が紹介した人からさらに派生して紹介者が出た時にも、自分が説明しなければいけなかったりと、「紹介する義務」みたいなものがつきまといます。

そのため、自分や紹介者を使って、興味がありそうな人を勧誘し続けなければいけません。

紹介といっても、全国福利厚生共済はネットワークビジネスなので、まず話を聞いた人は「怪しいんじゃないの?」と内容を疑うでしょう。

家族関係や友人関係が壊れるようなリスクを背負ってまで、紹介したいと思える投資でしょうか?落ち着いて考えてください。

全国福利厚生共済の怪しい評判が多い

もちろん、すでにインターネットでも全国福利厚生共済は怪しい評判が多いのも事実です。

全国福利厚生共済会について
この会社はマルチ商法で、詐欺の組織なのでしょうか?

>(刑法上の)詐欺ではありませんが、あなたの受けた勧誘は犯罪です。実際に警察が逮捕することは非常にまれですが。全国福利厚生共済会は連鎖販売取引で会員を集めています。辞書的には連鎖販売取引=マルチ商法です。
引用元:ヤフー知恵袋

全国福利厚生共済会はマルチ商法、ネズミ講、詐欺組織なのでしょうか?
半年前から友人から一緒にやらないか?と誘いが来ています。
>全国福利厚生共済会は、聞く範囲では、連鎖販売取引を行っているようです。
連鎖販売取引は、一般にはマルチ商法と呼ばれています。(辞書等をご覧ください)トラブルが非常に多いので、(実効性は別にして)実質禁止という人がいるほど厳しく規制されています。
引用元:ヤフー知恵袋

全国福利厚生共済会(プライム共済)の実態を教えてください。
>ご指摘のとおり販売方式はネットワークビジネス、マルチ商法を利用していると聞きます。
説明会参加を勧誘するのは、こうした無認可共済の常套手段です。
私も7年前に某無認可共済の説明会に、無邪気に参加したことがあります。非常に不愉快でゲロ吐きそうになったことを憶えています。まさに、洗脳、茶番、はじめはバカバカしさに笑えましたが、中盤から不愉快になり、最後は嘔吐しそうでした。
質問者さんにはどう映るかわかりませんが、私は行かない方が身のためだと思います。
引用元:ヤフー知恵袋

上記はほんの一部ですが、全国福利厚生共済会の評判をインターネットで検索するだけで、数え切れないほどの怪しい評判が出てきます。

まず、全国福利厚生共済会を紹介された人も、インターネットでこれらの怪しい評判を目にするでしょう。

  • ねずみ講
  • マルチ
  • ネットワークビジネス

全国福利厚生共済会への参加を勧めない口コミが多いというのも事実です。

必要経費以上の利益が得られないことも

全国福利厚生共済会で稼ぐためには、人を勧誘して紹介したり、セミナーに参加して勉強したり、経費がかかります。

それに加えて、毎月最低でも月額費として4,000円を支払わなければいけません。

時間とお金を削って、頑張って紹介を続ける覚悟はあるでしょうか?

ネットワークビジネスで、そんな簡単に権利収入が入るものではありません。

全国福利厚生共済会についてまとめ

本日の授業では、全国福利厚生共済会のネットワークビジネスについて解説してきました。

全国福利厚生共済会では、ネットワークビジネスとしての要素が大きく、簡単に権利収入が稼げる内容というよりも、お金と時間を使って頑張って紹介を続けていく必要があります。

まず日本では、多くの割合でネットワークビジネスは嫌われます。

厳しい言い方にはなりますが、人間関係を壊してでも、全国福利厚生共済会に参加して稼ぎたいという覚悟があるか、この授業の内容を参考に考え直してみるといいでしょう。

全国福利厚生共済会の投資については、引き続き今後も情報を調査していきます。

最後に、禁断の投資学校では投資案件の調査や、LINE登録者限定の特別授業を行っています。

全国福利厚生共済会に限らず、投資案件の調査をお願いしたいという方は、LINEまでご相談ください。

また、LINEでは投資家として必ず知るべき情報についても紹介しています。

投資相談は無料です。情報の受け取りについても費用はいただいていませんので、ぜひ情報のひとつとしてお受け取りください。

サイドバーのライン登録ボタン

本日の授業は以上です。次回の授業もお楽しみに!

▼関連記事はコチラ

【フォルスクラブ】怪しい投資で権利収入は稼げるの?内容は詐欺なのか検証授業

禁断の投資学校のLINE登録画面

【警告】財前先生に相談する前に投資しようなんて考えちゃいけません!

禁断の投資学校では、財前先生と生徒なっちゃんが、ありとあらゆる投資案件の調査を行い、優良な投資案件の紹介金融リテラシーの向上に繋がる知識の情報共有を行っています。

世の中の投資案件を調査してわかったことは、

・運用成績が悪く資金が目減りした
・運用に失敗して資金を失った
・出金申請しても出金されない
・運用側と連絡が取れない
・運用側が飛んで資金を持ち逃げされた

など、99%は詐欺だということです。

これまでにも、投資案件の詐欺に遭い泣き寝入りした人の相談に何度も乗ってきました。

しかしそのような中で、「本当に稼げる優良な案件」というのも存在しています。

投資で成功するためには、何よりも「人脈」「情報」が命です。

私は、投資における最強の人脈と、世に出回らない稼げる情報を持っています。

禁断の投資学校に入学することで、あなたは二度と騙されることなく、私が紹介する案件で大切な資金を増やし続けることができるようになります。

人それぞれ夢や目標は違いますが、私を信じてついてきてくれた人は「豊かな生活を手に入れた」「親孝行できた」「好きなだけ旅行に行けるようになった」「借金を完済できた」などなど沢山の嬉しいお声をいただいており、禁断の投資学校を始めて本当に良かったと思っています。

些細なことでも構いませんので、投資に関するお悩みがあれば、ぜひ私を頼ってもらえたら嬉しいです。

もちろん無料で相談に乗りますので、「この投資案件は大丈夫なのか?」「詐欺にあったかもしれない…」「現状を打開したい」など、抽象的な内容で構いませんので、ぜひお気軽にご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン