【FX自動売買】リアム(LIAM)の評判は怪しいの?上倉大知の会社情報は危険なのか検証授業

【FX自動売買】リアム(LIAM)の評判は怪しいの?上倉大知の会社情報は危険なのか検証授業

こんにちは、財前先生です。

上倉大知のリアム(LIAM)というFX自動売買システムの情報が入ってきました。

リアム(LIAM)のFXは投資詐欺なのでしょうか?

そこで今回の授業では、リアム(LIAM)のFXについて検証していきましょう!

本日の授業内容・リアム(LIAM)とは?
・リアム(LIAM)の運営会社の情報とは?
・リアム(LIAM)は詐欺なの?

リアム(LIAM)のFXについての相談はもちろんのこと、ご自身が参加している投資や気になっている投資など、投資の相談がしたい方は気軽に私のLINEまでご相談ください。

今は投資の相談はない方でも、私のLINEに登録しておくだけで投資において必要な情報を受け取ることができます。

また、LINE登録者限定で特別授業も行っていますので、興味がある方はご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン

リアム(LIAM)のFXの結論!

まずは、リアム(LIAM)の投資について結論をまとめていきましょう。

・ネットワークビジネス
・会社名が何度も代わっている
・消費者庁にもクレームが殺到
・ネット上でも怪しい噂が多い
リアム(LIAM)のFXについてはこのような結論となります。
副収入などを考えている人であれば、投資することを考えることでしょう。

今ではいろいろな方法で投資を行うことができますが、その中で時間を節約したい人であれば自動売買を考えるかもしれません。

自動売買であれば、自分が作業していなくても収入を得ることができ、効率的に稼ぐことも可能です。

いろいろな自動売買がある中で、リアム(Liam)を利用することを考える人もいるはずですが「利用しても大丈夫なのか?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

本日の授業では、リアム(Liam)のFXについて解説していきます。

リアム(LIAM)のFX自動売買の内容

リアム(Liam)とは、どのような会社で取引を行っているかの特徴を解説していきます。

リアム(Liam)とは、上倉大知(うえくらたいち)という人物が代表者の会社であり、ネットワークビジネスで投資、FXの自動売買、自動売買作成ツールを販売しています。

ただ、自動売買ツールを購入する際の金額は50万円ほどもかかり、活用して稼ぐ際の初期費用は高額な設定になります。

ただ、自動売買によって稼いでいる人もおり、共通点としては一定のルールに従うことで収益をあげているようです。

自分の得意なテクニカル分析を用いて優位性のあるトレードを行うようにしているため、初めて自動売買で稼ぎたい人にとっては、正直難しいでしょう。

また、稼ぐ手段は取引だけでなく、リアム(Liam)の自動売買システムを誰かに紹介することで、報酬を得ることもできます。

ただ、FX会社で自動売買ツールを提供している業者は数多く、知名度の高い会社も多いため、紹介料による報酬を得るのも簡単なことではないと言えるでしょう。

リアム(LIAM)のFX自動売買の仕組み

リアム(Liam)のFXは、どのような仕組みで運営されているのでしょうか?

リアム(Liam)の仕組みについて解説していきます。

Liamは勧誘によってシステムを販売している

Liamは自動売買による収入だけでなく、システムの紹介料でも収入を得ることができます。

その仕組みとしては、投資や稼ぐことに興味がある人を対象にして、FXの自動売買や自動売買作成ツールの営業を行うという紹介スタイルです。

その後に、カフェやセミナー会場、zoomというビデオツールを利用して商談を行うようです。

商談の際にはリアム(Liam)のFX自動売買ツールの素晴らしさや勝率のデータなどを見せて、学習しながら稼ぐことができることをポイントに販売します。

ただ、価格は50万円と高額な設定になっているため、学生などの若い人にとってはハードルが高く感じるでしょう。

そのため、中には学生ローン消費者金融などに誘導して、借金を背負わせるようにすることもあります。

勧誘によって自動売買ツールを購入することで報酬を得ようにも、今はいろいろな自動売買ツールもたくさんあるため、システムを購入してもらうのも簡単では無い言えるでしょう。

リアム(Liam)はいろいろな会社から派生

リアム(Liam)のFXは、元々コンケットワールドという会社から派生しています。

リアム(Liam)になるまでにいろいろな会社を経営して、全ての投資販売で苦情が殺到したと聞いています。

まず、始めに株式会社カルクスを発足しましたが、日経225先物取引のシステムを取り入れて投資産業の販売を開始したようです。

しかし、株式会社カルクスの投資の中身は無価値で勝てないシステムといった悪い噂も広がり、苦情が殺到しました。

次にウイングという会社名に変更して、仮想通貨のネットワークビジネスに切り替え手提供しています。

ウイングでも、強引な手口で説明や販売をしていたため、悪徳詐欺という口コミが散乱して会社名を再度変えて、コンケットワールドに変えました。

ウイングではFX自動売買ツールをネットワークビジネスとして販売していましたが、無価値なものという印象が広まり、消費者センターに苦情が殺到しています。

そのため、再度会社名を変えてリアム(Liam)としてFX自動売買ツールを提供しています。

リアム(Liam)でもコンケットワールドと同じFX自動売買ツールを提供していますが、同じように無価値なものという見方があるようです。

リアム(Liam)ではこのように、悪い噂が出るごとに会社名を色々と変えています。

投資としてFX自動売買ツールを利用したいときは、少し慎重に考えた方が良いでしょう。

リアム(LIAM)の会社は怪しいの?

リアム(Liam)の会社情報について解説していきます。

上記でも紹介しましたが、リアム(Liam)の代表者は上倉大知という人物です。

事業内容は、FXなどの投資関連という内容です。

住所は日本ではなく海外の住所になっており、電話番号も国内のものではありません。

前社のコンケットワールドのときは所在地がフィリピンのマニラでした。

実際に所在地を確認すると、消防署のような建物だったようです。

電話番号もロシアやカザフスタンの番号が使用されており、会社情報も怪しい点がありました。

リアム(Liam)に関しても同じような要素が多く、国内ではないことから、不安な要素も多いと言えるでしょう。

リアム(LIAM)のFXは怪しいの?

リアム(LIAM)の自動売買システムは怪しい投資なのでしょうか?

LiamはFX自動売買ツールを提供していますが、怪しい点や危険なところも多いです。

どのような危険な点があるのか、知っておくことで判断することができるでしょう。

リアム(Liam)のFXには、以下のような危険な点があります。

海外に事業所があるので交渉が難しくなる

リアム(Liam)は海外の住所を使用しているため、回答が外国語になる可能性があります。

一般的に海外だと日本の法律ではなく、現地の法律が適用されることになるため、何かサービスや商品の契約解除を求めても、なかなか取り扱ってくれないこともあります。

中にはクーリングオフを認めてくれないこともあるようです。

リアム(Liam)の場合はクーリングオフが適用されます。

ただ、国内ではなく海外の住所を利用しているのは、怪しい部分になります。

電話番号も国内ではないことから、事業所としての情報は提供されていても、利用する際は不安な部分が多くあると言えるでしょう。

会社名は変わっても内容が変化していない

上記でも解説しましたが、リアム(Liam)という名前が付くまでに会社名はコロコロ変わっています。

そして、会社名が変わった理由は、全て苦情が原因になっていると考えられます。

会社の代表者は変わらず、会社名だけをコロコロと変えているのは、以前のイメージを隠したいだけという可能性が高いです。

実際に会社名は変わっても苦情はずっと続いており、事業内容が変化しているわけではありません。

そのため、FX自動売買ツールを購入したとしても、自分の予想した結果を得られる可能性はかなり低いと言えるでしょう。

マルチ商法によってクーリングオフも多い

リアム(Liam)誰かに自動売買ツールを提供することで、報酬を得られる仕組みにもなっています。

ただ、この方法は確実にマルチ商法となっており、自分にとって損害を被る可能性もあります。

報酬のために自分の知り合いに商品を購入してもらおうとするなら、結果的に信用を失って自分の周りから誰もいなくなるということもあります。

また、リアム(Liam)で提供されているFX自動売買ツールは、評判がとても悪いため、購入した方もクーリングオフを行うことや消費者センターに相談することが多く、苦情も多いです。

評判はとても悪いため、リアム(Liam)のFX投資はおすすめできません。

リアム(LIAM)のFXについてまとめ

本日の授業では、リアム(Liam)のFXについて内容を紹介してきました。

リアム(Liam)はFX自動売買ツールを提供していますが、実態は悪徳商法に近く、かなり怪しい部分が多いです。

そのため、投資で自動売買を考えているならリアム(Liam)を利用するよりも他の業者を利用するのが良いでしょう。

*こんな記事も読まれています

【アジアンバンク】怪しい投資なの?知恵袋の評判は悪いの?稼げる投資なのか検証授業

禁断の投資学校のLINE登録画面

【警告】財前先生に相談する前に投資しようなんて考えちゃいけません!

禁断の投資学校では、財前先生と生徒なっちゃんが、ありとあらゆる投資案件の調査を行い、優良な投資案件の紹介金融リテラシーの向上に繋がる知識の情報共有を行っています。

世の中の投資案件を調査してわかったことは、

・運用成績が悪く資金が目減りした
・運用に失敗して資金を失った
・出金申請しても出金されない
・運用側と連絡が取れない
・運用側が飛んで資金を持ち逃げされた

など、99%は詐欺だということです。

これまでにも、投資案件の詐欺に遭い泣き寝入りした人の相談に何度も乗ってきました。

しかしそのような中で、「本当に稼げる優良な案件」というのも存在しています。

投資で成功するためには、何よりも「人脈」「情報」が命です。

私は、投資における最強の人脈と、世に出回らない稼げる情報を持っています。

禁断の投資学校に入学することで、あなたは二度と騙されることなく、私が紹介する案件で大切な資金を増やし続けることができるようになります。

人それぞれ夢や目標は違いますが、私を信じてついてきてくれた人は「豊かな生活を手に入れた」「親孝行できた」「好きなだけ旅行に行けるようになった」「借金を完済できた」などなど沢山の嬉しいお声をいただいており、禁断の投資学校を始めて本当に良かったと思っています。

些細なことでも構いませんので、投資に関するお悩みがあれば、ぜひ私を頼ってもらえたら嬉しいです。

もちろん無料で相談に乗りますので、「この投資案件は大丈夫なのか?」「詐欺にあったかもしれない…」「現状を打開したい」など、抽象的な内容で構いませんので、ぜひお気軽にご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン