投資部

【LINEの投資グループは詐欺】返金はできない?手口・評判について

【LINEの投資グループは詐欺】返金はできない?手口・評判について

SNS詐欺の被害が増えていますが、LINEの投資グループに本物はあるのでしょうか?

LINEの投資グループによる詐欺は、近年急激に増加している傾向にあります。

つい先日、TBSのニュースですが、LINEの投資グループがタイで一斉摘発されました。

LINEの投資グループが摘発されたニュースの内容ですが、以下の動画をご覧下さい。

一斉摘発されたのは、中国人らでした。著名な経済の専門家らの名前をかたり、日本人相手に投資詐欺を繰り返していたとして、63人が拘束されました。先月29日、タイで63人が拘束されました。押収されたのは、パソコン223台にスマートフォンなんと1001台です。巨大詐欺グループが標的としていたのは、日本人です。グループに日本人はいませんが、どのように日本語を駆使して、だましていたのでしょうか。容疑者同士のやり取りを見てみると、文章の添削をし合っているとみられるメッセージも残されていました。 他にも、翻訳アプリを使うなどしていた詐欺グループは、LINEを犯行に使っていたのです。日本で有名な投資家や経済の専門家の名前を勝手にかたり、嘘の株式などの情報をもとに投資を呼び掛けていました。

引用:テレ朝news

LINEの投資グループの詐欺(SNS型投資詐欺)は昨年だけでも278億円もの被害が出ています。

LINEの投資グループの詐欺による被害

警察に認知されている被害額だけでも278億円という金額なので、それ以上の被害が起きていることは間違いありません。

騙された被害額の裏には多くの悲しみや苦しみがありますが、人を欺きお金を騙し取るような行為は許されるものではありません。

そこで本日の授業では、LINEの投資グループに本物はあるのか、詐欺の手口や実際に起きている被害状況などについて解説します。

本日の授業内容
  • LINEの投資グループは詐欺なの?
  • LINEの投資グループはどんな手口なの?
  • LINEの投資グループに騙されてしまったら?

LINEの投資グループの詐欺についての相談はもちろんのこと、ご自身が参加している投資や気になっている投資など、投資の相談がしたい方は気軽に私のLINEまでご相談ください。

今は投資の相談はない方でも、私のLINEに登録しておくだけで投資において必要な情報を受け取ることができます。

また、LINEの生徒限定で無料の投資授業も行っていますので、ぜひご登録下さい。

禁断の投資学校公式ライン

LINEの投資グループに本物はあるのか?

「LINEの投資グループに本物はあるのか?」その答えは、SNSの投資広告に出てくるLINEの投資グループに本物はありません。

芸能人の写真や、投資家の名前をかたった投資広告は、そのほとんどが詐欺です。

もしくは、業者が儲けるために広告を出しているような場合もあり、多くの投資広告は怪しい情報で溢れています。

ですので、本物のLINEの投資グループをSNSの広告から探しても、絶対に見つけることはできません。

私も10年以上投資の業界にいますが、今の投資詐欺の状況は異常だと感じています。

普段私たちが何気なく見るSNS(インスタグラム・フェイスブック・Youtubeなどのツール)にも、まるで当たり前かのように投資詐欺の広告が出てきます。

LINEの投資グループの詐欺の広告一覧
こんなワードに注意
  • 無料で急騰株の情報を公開
  • ほったらかしで稼げる投資
  • 月利100%で勝てる投資法
  • コピペで簡単に稼げる方法
  • 無料で誰でも稼げる投資

このような甘い言葉は、投資家の興味を引くための言葉です。

LINEの投資グループの詐欺師は、投資広告を出して投資家からお金を騙し取ること、個人情報を奪い取ることを狙っています。

そもそも、LINEの投資グループの詐欺師たちは、投資家を稼がせる気など一切ありません

悪質なのは、”始めから騙すつもりで詐欺をしている”ということが分かっていることです。

LINEの投資詐欺グループの行為は、許しがたい行為だと思いませんか?

LINEの投資グループの悪質な手口

LINEの投資グループの手口が明らかになっています。

LINEの投資グループの詐欺について解説した動画も、ぜひご覧下さい。

①投資広告からの勧誘

まず詐欺師は、LINEを通して投資グループに参加するように勧誘します。

無料の急騰株や、高い利益を得られる等、誰でも無料で簡単に稼げるような魅力ある言葉でアシスタントと呼ばれる人物のLINE登録させます。

LINEの投資グループの詐欺の広告

②情報提供して信用させる

その後は、アシスタントのLINEから、先生と言われる人物のLINEや、投資のLINEグループに追加させて投資情報や取引シグナルを提供してきます。

無料で投資の情報や、稼げる株の取引シグナルを提供することで、投資家を信用させる手口です。

無料で優良な情報を提供してくれるので、ついつい信用してしまいます。

ですが、LINEの投資グループは、投資家に対して稼いでほしいのではありません。

投資情報や取引シグナルを提供するのは、これから紹介する架空の取引所に投資させるための戦略なのです。

③架空の取引所に投資させる

投資グループのLINEのやり取りでは、サクラが登場します。

このサクラと言われるLINEも、詐欺グループが用意したLINEアカウントで行われています。

「先生の指示で稼ぐことができた」

「今日は取引で100万円が稼げた」

というようなやり取りで、投資グループのLINEを盛り上げています。

LINEの投資グループの詐欺の手口

このような行為である程度信用させた後に、架空の聞いたこともない取引所での投資を勧めます。

詐欺師が指定する取引所での投資は、FXや金、原油や仮想通貨で簡単に稼げるとか、短期間で大金が稼げる等の魅力ある言葉で勧誘してきます。

口座開設のために、個人情報として免許証やパスポートの写真を送らせて、個人情報まで取得してくることがあります。

また、架空の取引所に投資させるので、LINEの投資グループの詐欺では会社の銀行口座がありません。

そのため、個人から買い取った口座を振込先に指定してくることがあります。

ですが、取引所を使って投資するのにも関わらず、個人の口座を利用するのは怪しいと思いませんか?

一般的な投資であれば、事業者名義の口座への振込が一般的な考え方です。

個人口座への振込を指示するのは、資金の管理を不透明にし、横領や持ち逃げを容易にするためでもあります。

④MT5上では利益が増えている

LINEの投資グループの詐欺では、アプリ上で利益が増えているように見せることがあります。

LINEの投資グループの詐欺の手口

投資した資金で利益が増え、投資がうまくいっているかのように見せて期待させるのは、詐欺の常套手段です。

しかし、この数字は実際に発生した利益ではなく、見せかけ上の利益です。

投資した資金は、FXや仮想通貨などの取引に利用されておらず、利益も発生していません。

⑤税金や手数料を請求してくる

稼いだ利益を出金したいと相談すると、色んな理由をつけて出金を拒んできます。

詐欺師がよく使うワードとしては、

このようなワードで、出金手数料の支払いを要求してきます。

ですが、これらのワードは全て”脅し文句”と思って下さい。

一度支払いに応じてしまうと、次から次にまた理由をつけて出金を拒否してきます。

手数料を支払って全額出金ができることは稀であり、さらに投資金を騙し取られるリスクがあります。

⑥グループが解散しブロックされる

LINEの投資グループは、投資で取引されていないため長続きはしません。

多くの投資家から資金を集めた後は、出金停止で飛びます。

投資のLINEグループも解散され、グループから退会させられたり、アシスタントや先生のLINEもブロックされてしまいます。

投資家から集めた資金は、新たな投資詐欺をするための活動資金にあてられています。

このような手口で、詐欺師は多くの方から大切なお金を騙し取っています。

LINEの投資グループの詐欺師の行為は、絶対に許されるべきものではありません。

この詐欺の手口さえ知っておけば、もうLINEの投資グループに騙されることはないはずです。

現在も、フェイスブックやインスタグラム、Youtube等の広告にも多くの投資詐欺の広告が出てきます。

LINEの投資グループの詐欺の広告一覧

詐欺に騙されないようにするためには、投資家が気をつけるしか方法がありません。

投資詐欺でご相談したいことがありましたら、私が無料でお調べさせていただきます。

着手金や成果報酬等も一切いただきませんので、安心してご相談下さい。

lineボタン

【危険】LINEの投資グループの詐欺一覧

LINEの投資グループの詐欺は、様々な名前を使って詐欺をしています。

2024年4月27日現在の情報ですが、気をつけるべき投資グループの一覧をまとめました。

投資グループの詐欺一覧は、被害が確認でき次第随時更新していきます。

これらの投資グループの他にも、たくさんの名前の投資グループの詐欺があります。

私からも注意喚起をさせていただけたらと思いますので、「こんな投資グループに勧誘された」という投資グループがありましたら、ご連絡をいただけたら幸いです。

禁断の投資学校

LINEの投資グループの詐欺は返金できない

LINEの投資グループで詐欺に遭った方の多くは、被害額の返金や出金を望まれています。

結論、LINEの投資グループでの詐欺被害での返金は非常に難しいと言われています。

弁護士に相談しても返金できないケースや、始めから解決できないことを理解している弁護士は依頼すらも受けないといったケースもあるようです。

LINEグループの詐欺での返金について詳しく解説していきます。

LINEの投資グループは海外で活動している

LINEの投資グループの詐欺は、海外(タイや中国)で行われていると言われています。

詐欺の返金を求めるためには、法的手続きや訴訟を行う必要があります。

しかし、訴訟を行うには時間と費用がかかり、成功する保証もありません。

残念ながら、投資詐欺の返金は簡単なものではありません。

悪いのは全て詐欺師ですが、日本は投資家に厳しい国であり、投資で詐欺に遭ったとしても「投資に失敗した」と判断されるようなケースです。

LINEの投資グループの詐欺は、詐欺師が国外にいる場合ですので、国際的な法的手続きが必要となります。

日本の法律は通用しませんし、どんなに優秀な弁護士に相談しても法律の壁がある以上、返金は厳しいと判断されます。

資金の流れを掴みにくい

LINEの投資グループの詐欺では、個人の銀行口座や仮想通貨での送金が利用されています。

詐欺師の口座であれば、すぐに相手を特定することができるかもしれません。

ですが、利用されている口座は第三者の口座なので、資金の流れを特定するのに時間がかかります。

振込先の個人の口座を凍結させただけでは、返金にも至りません。

しかも、詐欺グループは口座に振り込まれた資金はすぐに出金していることも確認されています。

口座を凍結することができても、資金が銀行口座には残っていないような状況を作っています。

このように、振込されたお金をすぐに引き出すことで、返金する資金がない状況を作るのです。

詐欺に悪用された口座に資金が残っていない以上、どんなに返金を要求しても返金することができません。

全額返金されることは難しい

仮にもし、LINEの投資グループで返金ができたとします。

ですが、被害額が全額返金されるとは限りません。

LINEの投資グループは偽物なので、まず利益は出金できないと考えて下さい。

もしLINEの投資グループ詐欺師が捕まった場合、裁判所は被害者全体に対する返金の優先順位を決定する必要があるとされています。

しかし、詐欺被害が多数の場合、被害者全員が全額を回収することは稀であり、裁判所の判断が被害者にとって不利な場合もあります。

日本での投資詐欺においても、被害者全員が全額返金できるケースは稀です。

ましてや、LINEの投資グループは海外の投資詐欺のグループによる犯行ですので、いかに返金が難しいことか分かるかと思います。

弁護士による二次被害が起きている

また、大事なことをお伝えさせていただきますが、弁護士による【二次被害】が起きています。

弁護士に着手金を支払っても適切な対応が得られないという被害が増加しています。

弁護士による被害について、非常に大事なことをお伝えさせていただきますので、必ず目を通して下さい。

インターネット上には、投資詐欺や国際ロマンス詐欺などの被害者を対象に、「返金可能」と謳う多くの広告やサイトが存在しています。

しかし、実際には高額な着手金を支払ったにもかかわらず、弁護士からの適切な対応が得られないといった事例が全国各地で相次いでいます。

この投資詐欺の弁護士による二次被害について、NHKニュースでも取り上げられています。

「だまされたカネを取り返せる」などと広告を出している弁護士に、着手金を払ったのに、対応してもらえない。詐欺の“二次被害”とも言われるこうした事例が各地で相次いでいて、東京都内では、消費者窓口への相談がこの3年で3倍以上に急増していることが、わかりました。

インターネット上には、投資詐欺や「国際ロマンス詐欺」と呼ばれる手口の詐欺被害者などをターゲットに、弁護士が「返金を受けられる」などといって相談を募る多くのサイトや広告があります。

しかし、弁護士側に高額の着手金などを払ったのに、その後も適切に対応してもらえないといった、詐欺の“二次被害”ともいわれる事例が各地で相次いでいます。

こうしたいわゆる“二次被害”についての相談や苦情は、各地の弁護士会にも寄せられていて、大阪では、1800人以上から、9億円を超える着手金を受け取っていたとみられる弁護士が、違法に名義を貸した広告会社に法律事務をさせていたとして、弁護士会から懲戒請求を受けたほか、愛知では、法律事務所が、財産のほとんどを失っている人に、クレジットカードで借金をさせて、着手金を払わせていたケースも確認されています。

引用:NHK

事実として、LINEにも

弁護士に相談したのに返金されない

高額な着手金でお金を払ったのに何も解決できなかった

1ヶ月で解決できると言われたのに、まだ返金されない

非常に残念なことに、このようなご相談が届いています。

「LINEグループの投資詐欺の返金は可能」

このような表現のワードには慎重になる必要があり、過大な期待を抱かせる表現には注意して下さい。

また、弁護士への依頼を考えている方は、一度ご相談いただけたら注意すべき点をお伝えさせていただきます。

被害に遭わないためにも、依頼前に必ずご相談いただけたらと思います。

lineボタン

LINEの投資詐欺に遭った時の対処法について

LINEの投資詐欺に遭った時の対処法について解説します。

詐欺に遭った場合の対処は、早急に対処することが大切です。

警察へ相談する

まず、詐欺に遭った場合は速やかに警察に通報してアドバイスを仰いで下さい。

詐欺の被害を報告・相談することによって、警察の捜査に力を貸すことができます。

警察相談専用電話「#9110」番をご利用ください。

#9110は、全国どこからでも、電話をかけた地域を管轄する警察本部などの相談窓口につながる全国共通の電話番号となっています。

また、詐欺の被害を報告することは詐欺の被害を大きくしないことにも繋がります。

警察に相談する際には、LINEのやり取りやスクリーンショット、振込先の口座情報、振込履歴など、伝えられる情報は全て伝えて下さい。

LINEグループの投資詐欺は、すでに警察にもたくさん被害が寄せられているはずですが、必ず被害を相談して下さい。

金融機関への通報する

多くのLINEの投資グループの詐欺では、個人の口座が悪用されています。

詐欺に気づいたら、すぐに金融機関(銀行やクレジットカード会社)に相談してみて下さい。

事情を説明して詐欺によって不正に取引が行われたことを報告することで、詐欺に利用された相手の銀行口座やクレジットカードを止めることができるかもしれません。

振込先の銀行口座を凍結することで、返金できる可能性もあるかもしれません。

銀行に電話して詐欺に悪用された口座を凍結させることは、弁護士に依頼しなくても個人が無料でできることです。

特に銀行口座の凍結は、スピードが大切です。

被害を最小限におさえるためにも、「詐欺に遭ったかもしれない」と思ったらすぐに金融機関に相談してみることです。

もし、「詐欺に遭ったかもしれない・・・」と心当たりがあれば、私のLINEでお話しできますので、このボタンよりご連絡いただけたらと思います。

禁断の投資学校

詐欺のLINEをブロック・通報

詐欺の投資グループの人物とやり取りを続けていた場合、さらに詐欺の被害に遭うリスクがあります。

そのため、詐欺の投資グループでのやり取りは終了し、LINEをブロックすることが重要です。

アシスタントや、先生と呼ばれる人物のLINEも通報とブロックして下さい。

LINEをブロックすることで、投資詐欺のLINEグループからの連絡や勧誘を受けなくなります。

LINEをブロックする方法ですが、詐欺師とのトーク画面を開き、右上のメニュー(3本線)から「ブロック」を選択して下さい。

詐欺グループのLINEのブロック方法

LINEの投資グループで詐欺に遭った場合は、すぐに対処することで被害を最小限におさえることができます。

LINEの投資グループから退会すれば、「また詐欺に遭うかもしれない」という不安からも解消され、精神衛生良いです。

被害から自分を守るためにも、そして自分の大切なお金を守るためにも、速やかな行動を心がけて下さい。

不安に感じていることや、疑問、ご相談などがありましたら、私のLINEで無料でお話しできますので、一度ご連絡をいただけたらと思います。

lineボタン

【まとめ】LINEの投資グループに本物はない

本日の授業では、LINEの投資グループに本物はあるのか?というテーマで解説しました。

授業のまとめ
  • LINEの投資グループに本物はない
  • SNSを通じた投資詐欺が急増している
  • 弁護士による二次被害も増えている

LINEの投資グループは詐欺であり出金できない偽物の投資を紹介しています。

そして、LINEの投資グループから紹介された投資先は、出金ができません。

すでに多くの詐欺被害が出ているので、SNSに出てくる投資で本物のLINEの投資グループというものはありません。

詐欺のLINEの投資グループにいても、詐欺師から学ぶことはありません。

速やかにLINEグループを退会し、詐欺師のLINEはブロックした方が良いです。

最後に私からお伝えしたいこと

LINEの投資グループで被害に遭った方の多くは、

騙されたお金を取り返したい

と望んでいます。

しかし、詐欺の被害者に「返金できる」と期待させて依頼を受け、解決できない(返金できない)弁護士がいることは事実です。

耳が痛いことかもしれませんが、詐欺で騙されたお金を取り返すことは簡単ではありません。

では、どうすればいいのか?諦めるしかないのか?

そこで、私から「騙されたお金を取り返す方法」についてお伝えできることがあります。

その方法について知りたい方は、私のLINEをお友達追加してご連絡をいただけたらと思います。

lineボタン

そして、投資詐欺に遭わないためにはリテラシーを高めて自分で自分のお金を守るしかありません。

騙されたお金を取り返す方法以外にも、投資先の無料調査無料の投資勉強会も開催しています。

料金などは一切いただいていませんので、投資に関する情報を受け取りたい方は私のLINEを追加して情報をお受け取り下さい。

lineボタン

それでは、本日の授業は以上となります。次回の授業もお楽しみに。

ABOUT ME
財前先生・なっちゃん
財前先生・なっちゃん
財前先生と生徒なっちゃんの投資学校です。投資詐欺について注意喚起したり投資の考え方について解説しています。SNSも更新していますのでチェックして下さいね。

【必読】財前からあなたへ
本気で伝えたいこと

日本では今もなお投資詐欺のニュースが後を絶たず、多くの人が大切なお金を失ってしまっています。

さらに、弁護士に相談しても、着手金だけ取られて解決しないという二次被害にあっている人も後を絶ちません。

この裏には、本当に多くの方の苦しみ・悲しみがあることを私は知っています。

なぜなら、私も過去に同じような辛く苦しい経験をしたからです。

もういい加減、世の中は投資詐欺ばかりって気づきましたよね?

でも、それでも多くの人は、SNSやネット広告、友人や知人の紹介など、今もまだ本物の投資案件があるんじゃないかと信じて、探し回っています。

結果、また同じように何度も何度も騙されてしまうんです。

その騙されてしまったお金はどこに流れているかというと、もちろん詐欺師の懐に入り、また詐欺をするための広告費に流れているんです。

じゃあ誰が悪いのかって言うと、あなたではなく詐欺師たちです。

この世界に詐欺師たちがいるせいで、あなたは辛く苦しい思いをしているんです。

私はそんな詐欺師たちを絶対に許さないですし、一人でも多くの人を救いたいと思って、2021年1月1日に禁断の投資学校を立ち上げました。

私は、財前先生と出会って良かった、人生救われた、幸せな人生を手に入れることができた。

そう言われることが何より嬉しく、何よりも幸せな瞬間です。

だからこそ、今も寝る間も惜しんで、記事を書いて、全国飛び回って打ち合わせをして、セミナーをして、全力で一人でも多くの人たちを救うべく活動し続けています。

もう二度とあなたに騙されてほしくないです。

世の中、色んな情報が溢れかえっている中、私まで辿り着いたことは、きっとご縁だと思いますし、あなたを救うことが、私の人生の大きな使命だと思っています。

恐らく今、あなたは騙されて辛く苦しい思いをしているはずです。

私がしっかりと話を聞きますので、私のLINEまでご相談ください。

そして、その辛く苦しい状況から抜け出すためのチャンスがあることを、あなたに知っていただきたいです。

ご連絡お待ちしております。

lineボタン