禁断の投資学校

日本人が投資をしないたった一つの理由とは?投資しなくて本当に大丈夫?

財前先生
日本人が投資をしない理由って知ってる?
なっちゃん
ムフフなことで頭がいっぱいだから?

こんにちは、財前先生です。

いきなりですが、あなたは投資をしたことがありますか?

この記事を見ている方は、とても意識が高い人ですので、投資をしたことがある方が多いかもしれません。

しかし、日本は他の国と比べて投資をしない国です。

なぜ日本並びに日本人は投資をしないのか?

そこで今回は、日本人が投資をしないたった一つの理由をお伝えします。

日本人が投資をしないことを証明するデータ

禁断の投資学校

まずは、日本人が投資をしないということを証明する実際のデータがあります。

以下のグラフは、2020年日本銀行調査統計局の家計の金融資産構成のグラフになります。

*資金循環の日米欧比較から引用
*資金循環の日米欧比較から引用

上記のグラフを見るとわかる通り、家計の金融資産形成のうち、日本は株式等がたった9.6%、米国は株式等が32.5%もあります。

このデータからわかるように、日本人はほとんど投資をしていないということがわかります。

逆に米国では、現金をあまり持つことなくほとんどを資産運用に回しています。

一体なぜこれほどの差が出てしまうのか、その答えをお伝えします。

日本人が投資をしないたった一つの理由とは?

禁断の投資学校

日本人は投資をすることなく、現金として持つ、または銀行に預けるのが一般的です。

それはなぜだと思いますか?

その答えは、

日本人は学校や家でお金の教育を一切受けてこなかった

からと言われています。

私たちは学校教育でお金についてきちんと学んでいません。

投資とはどのようなものなのか
利回りとは何か
ビットコインとは何か

などなど、このようなお金に関することは日本の学校教育では教えていないのです。

一方、欧米では親が子供にお金を渡して投資を勧めていたり、小学校でお金に関する授業が行われています。

小学校の段階で、我々日本は欧米に差をつけられているのです。

投資しなくて本当に大丈夫?

禁断の投資学校

このようにお金について学ばないまま多くの日本人は大人になります。

そして何かのきっかけで「投資を知りたい」と思うようになる方もいます。

結局、能動的に学ぶ姿勢を持たないと金融リテラシーは身につきません。

現在、日本は超低利回りの金融商品だらけです。

年金はちゃんと支給されるかわかりませんし、年金2,000万円問題も明らかになりました。

今の貯金で老後は安心できますか?

超低利回りの金融商品に頼ることなく資産運用をもう一度考え直してください。

資産運用は様々ありますが、まずは知っていくことが大事です。

知って実践することで自身に合った投資なのかわかるようになります。

禁断の投資学校では、様々な投資サービスの調査、投資に関する情報発信、投資のご相談を受けています。

何から始めればいいかわからないという方は、ぜひ禁断の投資学校公式LINEへご入学ください。

まずは行動することから始めましょう。

禁断の投資学校

財前先生からあなたに伝えたいこと

禁断の投資学校では、投資のスペシャリストである財前先生と生徒なっちゃんが、ありとあらゆる投資案件の調査を行い、優良な投資案件の紹介金融リテラシーの向上に繋がる知識の情報共有を行っています。

世の中の投資案件を調査してわかったことは、

・運用成績が悪く資金が目減りした
・運用に失敗して資金を失った
・出金申請しても出金されない
・運用側と連絡が取れない
・運用側が飛んで資金を持ち逃げされた

など、99%は詐欺だということです。

これまでにも、投資案件の詐欺に遭い泣き寝入りした人の相談に何度も乗ってきました。

しかしそのような中で、「本当に稼げる優良な案件」というのも存在しています。

投資で成功するためには、何よりも「人脈」「情報」が命です。

私は、投資における最強の人脈と、世に出回らない稼げる情報を持っています。

禁断の投資学校に入学することで、あなたは二度と騙されることなく、私が紹介する案件で大切な資金を増やし続けることができるようになります。

人それぞれ夢や目標は違いますが、私を信じてついてきてくれた人は「豊かな生活を手に入れた」「親孝行できた」「好きなだけ旅行に行けるようになった」「借金を完済できた」などなど沢山の嬉しいお声をいただいており、禁断の投資学校を始めて本当に良かったと思っています。

些細なことでも構いませんので、投資に関するお悩みがあれば、ぜひ私を頼ってもらえたら嬉しいです。

もちろん無料で相談に乗りますので、「この投資案件は大丈夫なのか?」「詐欺にあったかもしれない…」「現状を打開したい」など、抽象的な内容で構いませんので、ぜひお気軽にご連絡ください。

禁断の投資学校