【NFT】分かりやすく解説!仕組みや始め方とは?NFTの仮想通貨バブルに乗れるチャンス!?

【NFT】分かりやすく解説!仕組みや始め方とは?NFTの仮想通貨バブルに乗れるチャンス!?

こんにちは、財前先生です。

最近、何かと話題のNFT。2021年から耳にする機会が増えましたね。

中にはNFTに興味はある人や、NFT投資に参加してみたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回の授業では、最近話題のNFTについて分かりやすく簡単に解説していきましょう!

本日の授業内容・NFTって何?
・NFTの特徴や仕組み
・NFTは稼げるの?

投資に関するご相談は、禁断の投資学校の専用LINEから気軽にご相談ください^^

禁断の投資学校公式ライン

NFTとは何なの?分かりやすく解説

まずは、NFTとは何か簡単に分かりやすく解説します!

NFTって何?

NFTとは、Non-Fungible Token(ノン ファンジブル トークン)の略で、非代替性トークンという意味です。

NFTを簡単に解説すると、唯一無二であることが証明できる技術のことです。

NFTの技術を使うことで、デジタルで作成されたデータや音楽、絵画などを、唯一無二の作品として証明することが可能になるということです。

これまで、デジタルコンテンツは簡単にコピー(複製)できることで資産価値が生まれにくいという問題があった。
NFTの技術を使うことによってデジタルコンテンツに資産価値を生み出すことができ、唯一無二の商品として証明することができるようになった。

NFTバブルが到来!

NFTは2021年から注目の仮想通貨として耳にする機会が増えてきました。

なぜ、NFTは注目されているのでしょうか?

NFTの有名なニュースとして、Twitterの創業者であるドーシーCEOの落札について取り上げます。

初ツイート、3億2千万円で落札 新デジタル資産、競売高騰

【ニューヨーク共同】米短文投稿サイト、ツイッターのドーシー最高経営責任者(CEO)が競売にかけていた自身初のツイートが、約291万ドル(約3億2千万円)で落札された。競売サイトが22日発表した。「非代替性トークン(NFT)」と呼ばれる新たなデジタル資産の取引として注目され、入札価格が高騰した。

NFTは、暗号資産(仮想通貨)の基盤技術として知られるブロックチェーンを使って管理される。ツイートのようなインターネット上のデータであっても複製や改ざんが不可能で、真正性を証明できるのが特徴だ。

ドーシー氏は収益を代表的な暗号資産ビットコインで慈善団体に寄付した。

※Yahoo!ニュースより引用

この他にも、米国人アーティストのビープル(Beeple)という人物が作成したデジタルアートが約75億円で落札されたり、小学生が書いたデジタルアートが140万円で落札されたといったニュースも話題を呼んでいます。

NFTは、まさに今、目が離せない注目の市場だと言えるでしょう。

NFTの市場がアツい!市場規模

投資銀行のジェフリーズ(Jefferies)の情報によると、2022年のNFTの市場規模予測は350億ドル(約4兆円)以上、2025年には800億ドル(約9兆1000億円)以上に引き上がると言われています。

NFTの市場は、個人がデジタルコンテンツを売買するレベルの市場規模を超えて、世界のトップ企業や大富豪も参入しているほどです。

将来的には、仮想通貨やビットコインといったデジタル資産のように、より身近な投資先として注目を浴び、その市場は急拡大していくことは間違いないでしょう。

NFTの仕組みや特徴について解説

さてここで、NFTの仕組みと特徴について勉強しましょう!

NFTの仕組み

NFTでデジタルコンテンツを作成すると、そのコンテンツに割り当てられるトークンIDが発行されます。

トークンIDは、そのデジタルコンテンツの作成者が所有者、取引データなどが登録されており、改ざんが不可能なデータとして記録されます。

そこで必要なものが、ブロックチェーンの技術です。

ブロックチェーンとは、取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のように繋げることで、正確な取引履歴を維持しようとする技術のことです。

NFTではこのブロックチェーンの技術を使って、デジタルコンテンツの管理を行うことができるという仕組みです。

NFTの特徴とは?

次に、NFTの特徴を解説していきます。

NFTには、大きく3つの特徴があります。

  1. 所有者を証明することができる
  2. 誰でもNFTを作成し販売することができる
  3. 転売されるたびに報酬を受け取ることができる

NFTの画期的な特徴としては、プログラマビリティという仕組みがあり、NFTのデジタルコンテンツを作成した作成者は、そのコンテンツが転売され続ける限り、継続的に報酬を受け取ることができるという魅力があります。

NFTは、仮想通貨の専門的な知識や経験がなくても、誰でも自身が作成した絵や音楽、ゲームなどのコンテンツを販売することも可能です。

楽天がNFT市場に参入!

ついにあの楽天(Rakuten)も、NFT市場に参入するとのニュースが発表されました。

ニュースの概要をまとめていきます。

Rakuten NFTについて

楽天、NFT販売を開始 デジタルコンテンツ流通で注目

楽天グループは25日、アニメやスポーツの動画や画像を「非代替性トークン(NFT)」と呼ばれるデジタル資産に加工して販売するサービスを始めた。利用者は、専用サイトで購入したコンテンツを楽天のNFT市場に出品し、個人間で取引できる。NFTはデジタルコンテンツの新しい流通方法として注目されている。

新サービスは「Rakuten NFT」。暗号資産(仮想通貨)の基盤技術であるブロックチェーンを使い、デジタルデータの原本を保証する。決済に楽天会員の利用者IDにひも付いたクレジットカードやポイントを使用するので、気軽に購入できるとしている。

※Yahoo!ニュースより引用

2022年2月25日の発表によると、新しく楽天のサービスのひとつとしてRakuten NFTのサービスが開始されることが発表されました。

Rakuten NFTは、ユーザー間でスポーツ、音楽、アニメといったエンターテインメント分野のNFTを、売買することができるマーケットプレイスです。

Rakuten NFTでは、ULTRAMAN(ウルトラマン)のNFTが行われており、今後も人気アニメやスポーツなどのNFT作品が販売される予定です。

楽天NFTの特徴

楽天NFTについて、その特徴を紹介します。

  1. 楽天IDで簡単に使える
  2. クレジットカード決済ができる
  3. 楽天ポイントが貯まる・使える

Rakuten NFTの決済では、楽天ポイントを利用ができるようになっていたり、仮想通貨の難しい仕組みやブロックチェーンなどの専門的知識がなくても投資できる投資です。

Rakuten NFTは楽天に登録するだけで簡単に投資することができるという魅力があり、今回のニュースをきっかけに、NFTがより身近な存在となるはずでしょう。

NFTは稼げるのか?稼ぎ方について

この記事を読んでいる人の中にも、話題のNFTバブルに乗っかって稼ぎたいと思っている人も多いはずです。

そこで、NFT投資で稼ぐ方法について紹介します。

NFTを作成し販売する

まずは、自分自身でNFTのデジタルコンテンツを作成し販売するという方法があります。

自分で作成したデジタルアートや、写真、ゲームのキャラクターなどを作成し、NFTのプラットフォームで販売することで稼ぐ方法です。

NFTの販売プラットフォームには、OpenSea、コインチェック(Coincheck)、Rarible(ラリブル)といったプラットフォームがあります。

NFT売買で稼ぐ

次に紹介するのは、NFTを売買して稼ぐ方法です。

イメージで例えるとメルカリの転売のような仕組みです。

NFTを安い値段で購入し高い値段で販売するといった、NFTの転売で稼ぐという方法があります。

将来性が期待できるデジタルコンテンツを購入し、値上がりしたタイミングで売ることで利益を稼ぐことができます。

NFT銘柄の仮想通貨を購入

NFTバブルに乗っかる方法として、NFT銘柄の仮想通貨を購入する方法もあります。

NFT銘柄の仮想通貨で有名な仮想通貨は、サンドボックス(SAND)、Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ)、 エバードーム(Everdome/DOME)といった仮想通貨です。

特に、2022年2月8日に海外取引所に上場したばかりのエバードーム(Everdome/DOME)に関しては、あの青汁王子も注目している仮想通貨として人気を集めています。

サンドボックス(SAND)、Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ)、 エバードーム(Everdome/DOME)などのNFTの仮想通貨銘柄に投資することでも稼ぐ方法があります。

*エバードーム(Everdome/DOME)についての記事はこちら

関連記事

こんにちは、財前先生です。 エバードーム(Everdome)という投資の情報が入ってきました。 青汁王子が注目しているエバードーム(Everdome)とはどのような仮想通貨なのでしょうか? そこで今回の授業では、エバードーム(Everd[…]

【エバードーム】青汁王子おすすめの仮想通貨とは?Everdomeの特徴や将来性を解説

NFT投資に参加する

最後に、NFT投資に参加して稼ぐ方法もあります。

NFTといっても、仮想通貨の知識や仮想通貨取引のスキルや経験、知識が必要な場合もあるため、「NFTって難しそう」と感じる人もいるのではないでしょうか。

もし、「NFT投資に興味があるけど難しそうだな」と悩んでいる人は、チャンスです。

NFTバブルに乗っかる方法を、あなたは知りたくありませんか?

NFTバブルに乗る方法とは?

本日の授業では、話題のNFTとは何か?NFTの特徴や仕組み、投資方法について取り上げました。

2021年はNFT元年と呼ばれるほど脚光を浴び、大きな変化の1年となりました。

世界ではNFTが人気の投資として注目されていますが、日本では名前を知っていても、実際にNFT投資やNFTの出品で稼いでいる人はほとんどいない現状です。

これから、日本の大手企業もNFT市場に参入する可能性もあり、今がNFTのバブルに乗る最大の投資チャンスだと言えるでしょう。

もしも、NFT市場に投資できるチャンスがあれば、あなたも投資したいと思いませんか?

情報が気になる方は、まずは以下のラインに登録後、個別ラインから直接ご連絡ください!

禁断の投資学校公式LINE

本日の授業は以上です。次回の授業もお楽しみに!

*こんな記事も読まれています

関連記事

こんにちは、財前先生です。 STEPN(ステップン)という仮想通貨と健康を掛け合わせた新しい投資情報が入ってきました。 STEPN(ステップン)とはランニングするだけで仮想通貨が稼げるアプリのようですが、稼げるアプリなのでしょうか? そ[…]

【STEPN(ステップン)】とは詐欺なの?怪しい仮想通貨のアプリ?ランニングで稼げるのか検証授業

【警告】財前先生に相談する前に投資しようなんて考えちゃいけません!

禁断の投資学校では、財前先生と生徒なっちゃんが、ありとあらゆる投資案件の調査を行い、優良な投資案件の紹介金融リテラシーの向上に繋がる知識の情報共有を行っています。

世の中の投資案件を調査してわかったことは、

・運用成績が悪く資金が目減りした
・運用に失敗して資金を失った
・出金申請しても出金されない
・運用側と連絡が取れない
・運用側が飛んで資金を持ち逃げされた

など、99%は詐欺だということです。

これまでにも、投資案件の詐欺に遭い泣き寝入りした人の相談に何度も乗ってきました。

しかしそのような中で、「本当に稼げる優良な案件」というのも存在しています。

投資で成功するためには、何よりも「人脈」「情報」が命です。

私は、投資における最強の人脈と、世に出回らない稼げる情報を持っています。

禁断の投資学校に入学することで、あなたは二度と騙されることなく、私が紹介する案件で大切な資金を増やし続けることができるようになります。

人それぞれ夢や目標は違いますが、私を信じてついてきてくれた人は「豊かな生活を手に入れた」「親孝行できた」「好きなだけ旅行に行けるようになった」「借金を完済できた」などなど沢山の嬉しいお声をいただいており、禁断の投資学校を始めて本当に良かったと思っています。

些細なことでも構いませんので、投資に関するお悩みがあれば、ぜひ私を頼ってもらえたら嬉しいです。

もちろん無料で相談に乗りますので、「この投資案件は大丈夫なのか?」「詐欺にあったかもしれない…」「現状を打開したい」など、抽象的な内容で構いませんので、ぜひお気軽にご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン