【Sweatcoinスウェットコイン】怪しい仮想通貨なの?歩いて稼げる仕組みや特徴は?

【Sweatcoin(スウェットコイン)】怪しい仮想通貨なの?歩いて稼げる仕組みや特徴は?

こんにちは、財前先生です。

Sweatcoin(スウェットコイン)という歩いて稼げる仮想通貨の情報が入ってきました。

「第2のStepn」とも呼ばれるSweatcoin(スウェットコイン)で、まさに今注目されている仮想通貨です。

Sweatcoin(スウェットコイン)は稼げる仮想通貨なのでしょうか?

そこで今回の授業では、Sweatcoin(スウェットコイン)の仮想通貨について調査していきましょう!

本日の授業内容・Sweatcoinとは?
・Sweatcoinの稼ぎ方
・Sweatcoinは怪しいの?

現在、禁断の投資学校では登録者限定で投資の特別授業を行っています。

ここでしか聞けない極秘情報を聞きたい方は、専用LINEまでご登録ください。

禁断の投資学校公式ライン

それでは、授業を開始いたします!

Sweatcoin(スウェットコイン)の結論

まずは、Sweatcoin(スウェットコイン)の投資について結論をまとめていきましょう。

・歩くだけで仮想通貨が稼げる
・第2のStepn(ステップン)と呼ばれる
・稼げる仮想通貨はSWEATトークン
・SWEATトークンの上場日は未定

Sweatcoin(スウェットコイン)についてまとめると、このような結果となります。

この授業では、Sweatcoin(スウェットコイン)について投資家の目線から見て怪しい仮想通貨なのか、稼ぎ方や特徴などについて調査していきます。

Sweatcoin(スウェットコイン)の概要

Sweatcoin(スウェットコイン)とは、どのような仮想通貨なのでしょうか?

Sweatcoin(スウェットコイン)の概要を解説していきたいと思います。

Sweatcoin(スウェットコイン)とは?

Sweatcoin(スウェットコイン)とは、Stepn(ステップン)と同じように歩いて仮想通貨が稼げるWalkToEarnのアプリです。

Sweatcoin(スウェットコイン)は世界中で1億人以上のユーザーが登録すると期待されている仮想通貨アプリで、アメリカやイギリス、オーストラリアやカナダなど世界30カ国以上で人気の仮想通貨です。

Sweatcoin(スウェットコイン)のホームページから内容を翻訳してみました。

私たちのビジョン
Sweatcoinは、クールな製品に費やしたり、慈善団体に寄付したり、暗号通貨に変換したりできる新世代の通貨で毎日のステップに報酬を与える無料アプリです。
なんで?あなたが健康の世話をするとき、あなたは社会に利益をもたらすからです。あなたはより生産的です。あなたはヘルスケアで数十億ドルを節約するのに役立ちます。あなたの動きには価値があります:あなたはそれにシェアするに値します。

Sweatcoin(スウェットコイン)のアプリを使うことで、無料で仮想通貨が稼げるということが魅力です。

Sweatcoin(スウェットコイン)では、1000歩歩くたびに1SWCを稼ぐことができます。

1日の上限は1万歩が上限となっており、歩く以外にも広告視聴などで稼ぐことができると言われているアプリです。

Sweatcoin(スウェットコイン)は、Stepn(ステップン)と同じように歩いて仮想通貨が稼げるので、健康を気にしながらも仮想通貨が稼げる画期的なアプリだと言えそうです。

Sweatcoin(スウェットコイン)の情報

Sweatcoin(スウェットコイン)で稼げる仮想通貨は、SWEATトークン(SWC)です。

Sweatcoin(スウェットコイン)は現在は未上場の仮想通貨です。

Sweatcoin(スウェットコイン)は2022年夏に上場すると発表されています。

上場先や具体的なスケジュールについては明記されていないため、現時点では上場の情報は不明です。

Sweatcoin(スウェットコイン)のホームページでは、Sweatcoin(スウェットコイン)の生成イベントは歴史上最大の暗号資産配布になる可能性があると書かれていました。

Sweatcoin(スウェットコイン)のホームページの内容を一通り確認しましたが、世界でもトップクラスの仮想通貨だと言える内容です。

Sweatcoin(スウェットコイン)の稼ぎ方とは?

Sweatcoin(スウェットコイン)はノーリスクで稼げるわけではありません。

そのため、Sweatcoin(スウェットコイン)の稼ぎ方について、簡単に解説していきます。

紹介制になっている

Sweatcoin(スウェットコイン)の登録は、紹介制となっています。

紹介者からもらった紹介コードを開くと、登録リンクから登録を進めることができます。

Googleのアカウントを連携し、ヘルスケアというアプリと連携することで移動測定アプリで歩数が計測できる仕組みのようです。

アプリを使って歩くと、このように歩数が計測されます。

1000歩歩くたびに1SWCがもらえるという仕組みです。

また、歩く他にもデイリー2倍ブーストといって毎日20分間歩いた歩数に応じてSweatcoin(スウェットコイン)を稼ぐことができます。

この他ににも、Sweatcoin(スウェットコイン)を紹介することで稼ぐこともできるようです。

このように、稼げる仕組みをうまく使うことで、Sweatcoin(スウェットコイン)をより多く稼ぐことができそうです。

禁断の投資学校公式ライン

Sweatcoin(スウェットコイン)の会社情報

Sweatcoin(スウェットコイン)とはどのような会社が開発したアプリなのでしょうか?

AndroidとIOSの厳しいアプリの審査をクリアしているとはいえ、身元のよく分からないアプリを使うのは危険です。

会社情報を知ることも大事ですので、確認する必要がありますね。

Sweatcoin(スウェットコイン)は海外

Sweatcoin(スウェットコイン)のホームページからは、The Sweat Foundation Ltdという会社情報を確認することができます。

Sweatcoin(スウェットコイン)は海外アプリのため、基本的にはアプリも英語表記です。

翻訳できる人にとってはすぐに理解ができるはずですが、日本人の紹介者のサポートを受ける必要がありますね。

また、Sweatcoin(スウェットコイン)の利用規約上では英領バージン諸島の法律に従うとの記載があります。

本規約は、英領バージン諸島の法律に準拠します。これは、本規約および本規約に起因または関連して発生する紛争または請求は、英領バージン諸島の法律に準拠することを意味します。

Sweatcoin(スウェットコイン)の運営側会社であるThe Sweat Foundation Ltdは、イギリス領ヴァージン諸島にある会社であることが分かりますが、はっきりとした会社情報については特定できませんでした。

Sweatcoin(スウェットコイン)は怪しいの?

さて気になるのは、Sweatcoin(スウェットコイン)は怪しいのか?という点です。

Sweatcoin(スウェットコイン)についてリスクを解説していきたいと思います。

上場するのか分からない

Sweatcoin(スウェットコイン)の上場予定は2022年夏となっていますが、具体的な上場日や上場先については未定です。

Stepn(ステップン)のようにBinance(バイナンス)などの大手仮想通貨取引所に上場すれば、価格が上がり利益を稼ぐことができます。

しかし、Sweatcoin(スウェットコイン)が上場しなかった場合は、せっかく歩いて稼いだSweatcoin(スウェットコイン)はただのゴミとなってしまうことにもなりかねません。

すでに上場している仮想通貨を稼げるのではなく、これから上場予定の仮想通貨を稼ぐことになります。

Sweatcoin(スウェットコイン)が上場しないリスクはあるので理解しておきましょう。

ポンジスキームの可能性?

Sweatcoin(スウェットコイン)は無料でSWEATトークン(SWC)を稼ぐことができるわけですが、無料で全世界の人々に仮想通貨を配布していると、運営側もいつか資金が底をつきてしまいます。

そのため、出金に手数料が必要であったり、今後アプリが有料になるようなことも想定できます。

Sweatcoin(スウェットコイン)では、広告を視聴することでも稼げるため、広告を出している業者から広告費を会社側がもらっている可能性はあるはずです。

ただ、無料で稼げるといううまい話には、何かしらのロジックがあるはずです。

「ノーリスクで稼げる」ということではないので、注意しましょう。

本当に計測できているのか?

Sweatcoin(スウェットコイン)はヘルスケアなどのアプリと連携して歩数を計測する仕組みですが、その正確性については不確かです。

ブースト機能を使うことでよりSWEATトークン(SWC)を稼ぐことができる仕組みですが、口コミではブースト機能がうまく機能しないといった口コミもありました。

2022年4月20日の口コミ
ブースト機能がちゃんと計測してくれない。ずっと分析中で結局ボーナスなしとかあり得ない。

まだ紹介が始まったばかりの仮想通貨アプリということもあって、アプリの不具合なども多く見受けられるようです。

また、海外アプリということなので、アプリの表記は日本語ではなく英語表記もあったりと、使いこなすのには少し時間もかかるかもしれません。

簡単に出金ができない

Sweatcoin(スウェットコイン)を出金するためには、仮想通貨の知識が必要です。

上場先が日本ではなく海外の仮想通貨取引所であれば、複数の仮想通貨や取引所を使用しなければいけないという点もあります。

特に仮想通貨初心者の方であれば、正直面倒で手間に感じる人もいるでしょう。

すぐに日本円で出金したいと思っても簡単に出金できないという点は、デメリットと感じる人もいるはずです。

Sweatcoin(スウェットコイン)のまとめ

本日の授業では、Sweatcoin(スウェットコイン)という歩くだけで稼げる仮想通貨アプリについて解説しました。

Sweatcoin(スウェットコイン)はStepn(ステップン)と同じように、歩くだけで稼げると言われています。

しかし、まだ紹介が始まったばかりのアプリということもあり情報があまり多くはありません。

また、すでに上場している仮想通貨ではなく、これから上場予定の仮想通貨を稼ぐことになります。

もちろん、上場すれば大きなリターンを期待することができますが、上場しないリスクもあります。

必ず稼げるということでもなければ、ノーリスクで稼げるということでもありません。

Sweatcoin(スウェットコイン)を否定するつもりはありませんが、投資には必ずリスクもつきものですので、理解した上で始めることをおすすめします。

最後に、禁断の投資学校では投資案件の調査や、LINE登録者限定の特別授業を行っています。

話題の「あのバブル」に乗れるチャンスを、あなたも掴むことができる絶好の機会です。

投資家として必ず知るべき情報を知りたい方は、ご登録のうえご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン

本日の授業は以上です。次回の授業もお楽しみに!

*こんな記事も読まれています

関連記事

こんにちは、財前先生です。 STEPN(ステップン)という仮想通貨と健康を掛け合わせた新しい投資情報が入ってきました。 STEPN(ステップン)とはランニングするだけで仮想通貨が稼げるアプリのようですが、稼げるアプリなのでしょうか? そ[…]

【STEPN(ステップン)】とは詐欺なの?怪しい仮想通貨のアプリ?ランニングで稼げるのか検証授業

【警告】財前先生に相談する前に投資しようなんて考えちゃいけません!

禁断の投資学校では、財前先生と生徒なっちゃんが、ありとあらゆる投資案件の調査を行い、優良な投資案件の紹介金融リテラシーの向上に繋がる知識の情報共有を行っています。

世の中の投資案件を調査してわかったことは、

・運用成績が悪く資金が目減りした
・運用に失敗して資金を失った
・出金申請しても出金されない
・運用側と連絡が取れない
・運用側が飛んで資金を持ち逃げされた

など、99%は詐欺だということです。

これまでにも、投資案件の詐欺に遭い泣き寝入りした人の相談に何度も乗ってきました。

しかしそのような中で、「本当に稼げる優良な案件」というのも存在しています。

投資で成功するためには、何よりも「人脈」「情報」が命です。

私は、投資における最強の人脈と、世に出回らない稼げる情報を持っています。

禁断の投資学校に入学することで、あなたは二度と騙されることなく、私が紹介する案件で大切な資金を増やし続けることができるようになります。

人それぞれ夢や目標は違いますが、私を信じてついてきてくれた人は「豊かな生活を手に入れた」「親孝行できた」「好きなだけ旅行に行けるようになった」「借金を完済できた」などなど沢山の嬉しいお声をいただいており、禁断の投資学校を始めて本当に良かったと思っています。

些細なことでも構いませんので、投資に関するお悩みがあれば、ぜひ私を頼ってもらえたら嬉しいです。

もちろん無料で相談に乗りますので、「この投資案件は大丈夫なのか?」「詐欺にあったかもしれない…」「現状を打開したい」など、抽象的な内容で構いませんので、ぜひお気軽にご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン