【リアドリ】P2Pは詐欺で怪しいの?稼げるデジタルせどりなの?稼げるのか仕組みについて検授業

【リアドリ】P2Pは詐欺で怪しいの?稼げるデジタルせどりなの?稼げるのか仕組みについて検授業

こんにちは、財前先生です。

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)というP2P投資の情報が入ってきました。

不動産のデジタルアイテムを売買することで稼げるようですが、稼げるデジタルせどりなのでしょうか?

そこで今回の授業では、リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)について調査していきましょう!

本日の授業内容・リアドリのP2Pとは?
・リアドリの会社情報を調査
・リアドリは怪しいP2Pなの?

現在、禁断の投資学校では登録者限定で投資の特別授業を行っています。

ここでしか聞けない極秘情報を聞きたい方は、専用LINEまでご登録ください

禁断の投資学校公式ライン

REAL ESTATE OF DREAMの結論

まず始めに、リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)のP2P投資について結論をまとめていきます。

・不動産アイテムを売買するP2P
・2022年3月に開始したばかり
・開始したばかりで情報量が少ない
・株式会社GDの実態が分からない
・出金停止で飛ぶリスクもある

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)についてまとめると、このような調査結果となります。

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)のP2Pについて、特徴や稼ぎ方、そしてリスクはあるのか解説していきますので、ひとつの参考にしていただけたらと思います。

REAL ESTATE OF DREAMの概要

 
なっちゃん
リアドリってどんなP2P2Pなの?
 
財前先生
リアドリについて概要を開設するよ

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)とはどのようなP2P投資なのでしょうか?

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)のP2Pについて概要を解説していきます。

リアドリってどんなP2Pなの?

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)とは、2022年3月22日から始まった新しいデジタルせどりのP2P投資です。

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)は、アパートやタワーマンションといった不動産アイテムを売買して稼ぐ投資です。

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)はデジタルせどりのプラットフォームを利用して稼ぎます。

ここで少しデジタルせどりについて解説したいと思います。

デジタルせどりって何?

デジタルせどりとは、せどり(転売)をネット上で行ったもので、デジタルのアイテムを安く買って高く売る仕組みを利用したものです。

デジタルせどりでは、オンライン上でせどり(物販)を行うことを可能にしたもので、その構造上、必ず利益が出る仕組みになっています。

禁断の投資学校の授業でも、これまでデジタルせどりを使ったP2P投資について調査を行ってきました。

P2P投資を例に挙げると、このようなP2P投資が挙げられます(タップでその案件の情報に飛べます)。

  1. ネイビーコマンダー(戦艦)
  2. トップガン(零戦)
  3. ワールドガレージ(車)
  4. スペーストレード(宇宙)

デジタルせどりは、安く購入して売る際には高く売ることができるため、「必ず稼げる」と言われています。

それはあくまでも構造上の話で、リスクもあるので注意が必要です。

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)のリスクについてはまた後ほど詳しく解説するとして、稼ぎ方や仕組みについて解説していきましょう。

REAL ESTATE OF DREAMの仕組み

 
なっちゃん
リアドリの仕組みが知りたいの!
 
財前先生
稼ぎ方について解説するよ

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)のP2Pについて、どのような仕組みで稼ぐのか解説していきます。

リアドリの稼ぎ方

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)では今回、不動産アイテムを売買することで稼げる仕組みを利用しています。

不動産といっても実際にマンションやアパートを売買するのではなく、不動産のアイテム(カード)を売買するイメージだと分かりやすいかもしれません。

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)の取引方法についてまとめました。

①リアドリに登録(招待制)
②アイテム購入のためのチケットを購入
③アイテムの抽選に応募
④当選結果を確認
⑤当選の場合はアイテムを購入
⑥一定の期間アイテムを保有
⑦アイテムを売却し利益を稼ぐ

このような流れで取引を行います。

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)のP2Pは完全招待制となっています。

そのため、招待コードをもらって登録する必要がありますが、現在は登録規制中のため誰でもすぐに登録することはできません。

このP2Pの登録規制はネイビーコマンダーのころからよく見かけるようになりました。

人数を制限することで、需要と供給のバランスを取っているということもひとつの理由だと考えられます。

不動産アイテムを紹介

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)の不動産アイテムを紹介します。

・プレハブ
・一軒家
・アパート
・タワーマンション
・城

一番高いアイテムはで、18万円〜54万円の利益を稼ぐことができます。

アイテムのカードの確認方法についても補足すると、

一番高額の城のカードの場合、18万円〜54万円を稼ぐことができ、利率12%の想定です。

ただし、保有期間として7日間という記載があります。

この保有期間とは、アイテムを購入し売るまでにカードを保有しなければいけない期間のことです。

利益の大きいカードは保有日数が大きいため、当選したとしてもカードを長い期間保有しておく必要があるということです。

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)では売却予定金額が決まっているため、売却予定金額が購入金額を下回ることはありません。

そのため、リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)の抽選に当選したら、稼げることはほぼ間違いないということになります。

REAL ESTATE OF DREAMの会社情報

 
なっちゃん
どんな会社が運営してるのかしら?
 
財前先生
運営会社の情報を調べてみたよ

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)を運営しているのは、どのような会社なのでしょうか?

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)のP2Pについて、運営会社の情報を調査してみました。

会社情報は怪しいの?

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)のP2Pの運営会社の情報を確認してみました。

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)は、株式会社GD(代表取締役 :青木聡志)という会社が運営を行っています。

販売業者の名称株式会社GD
販売業者の住所〒730-002 広島県広島市中区西平塚町7番25-101
販売業者の連絡先Email :info@riadori.net 24時間受付
代表者代表取締役 :青木 聡志

広島県にある株式会社GDという企業は確認できるのですが、特商法に書かれている住所とは異なっていました。

・・・これは怪しいと感じる内容ですね。

特商法の表記は確認できたものの登記の情報と異なっていたため、この点は気がかりです。

また、リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)の振込先は株式会社GDと記載されているので、この株式会社GDが関わっていることは間違いなさそうです。

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)は、株式会社GDという会社が関わっているものの、登記と特商法の会社情報が異なっているという点に怪しさを感じます。

REAL ESTATE OF DREAMは怪しいの?

 
なっちゃん
怪しいP2Pなのかなあ…
 
財前先生
怪しい点をまとめてみようね

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)のP2Pは怪しい投資なのでしょうか?

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)を、投資家目線から分析していきましょう。

始まったばかりで情報量が少ない

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)はまだ紹介されたばかりのP2Pで、まだ情報量が少ないです。

口コミ・評判も多くないため、稼げるかどうかはまだこれから利用者が増えてくるにつれて明らかになっていきます。

また、リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)は人数制限中ですぐには登録できないため、参加したくてもすぐに参加することはできません。

参加者の数も一気にではなく徐々に増えていくため、詳しい情報が知りたいと思っても、すぐには情報を受け取ることができないという問題があります。

需要と供給のバランスが破綻するリスク

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)に限らず、P2P投資では需要と供給のバランスが大事です。

デジタルアイテムを売りたい人が多くても買いたい人が少なければ、その仕組みは破綻してしまいます。

売りたい人よりも、購入したい人が多くないといけません(売りたい人<購入したい人)。

仕組み上は稼げる仕組みであっても、この需要と供給のバランスが破綻してしまうと、運営が継続できなくなってしまいます。

破綻してしまうと、購入したアイテムやチケットが売れ残ってしまうリスクがあるので注意が必要です。

出金停止で飛ぶリスクもある

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)が出金停止で飛ぶといったリスクもゼロではありません。

過去にも、ネイビーコマンダーというP2P投資が一時期運用が停止し、飛んだとも噂されていました。

現在は再開されていますが、リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)でも運用がストップしたり、出金停止になる危険性もあります。

もし出金停止や運営が飛んだ場合は、購入したアイテムやチケットを返金することはできず、損失にもなりかねません。

万が一アイテムの保有期間中に飛んだ場合は、そのアイテムは売ることができず、手元に残ったままとなります。

大きなリスクとして、出金停止や運営が飛ぶことのリスクもあるので注意が必要です。

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)についてまとめ

 
なっちゃん
リアドリについて先生まとめて!
 
財前先生
最後にまとめようね

本日の授業では、リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)というデジタルせどりについて調査を行いました。

リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)は始まったばかりのP2Pということもあり、情報量が少ないことや、出金停止や飛ぶリスクもあるため、細心の注意を払う必要があります。

デジタルせどりの仕組み上は稼げる投資であっても、リスクがあることを十分に知ってほしいことから、今回の授業で内容をまとめてみました。

今後も、リアドリ(REAL ESTATE OF DREAM)については調査を続けていきたいと思います。

最後に、禁断の投資学校では投資案件の調査や、LINE登録者限定の特別授業を行っています。

話題の「あのバブル」に乗れるチャンスを、あなたも掴むことができる絶好の機会です。

投資家として必ず知るべき情報を知りたい方は、ご登録のうえご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン

本日の授業は以上です。次回の授業もお楽しみに!

*おすすめ記事はこちら

関連記事

こんにちは、財前先生です。 「トップガン」という新しいP2P投資の情報が入ってきました。 ネイビーコマンダーやワールドガレージに続くP2Pとして紹介されている投資ですが、稼げるP2Pなのでしょうか? そこで今回は、「トップ[…]

【トップガン】怪しいP2Pなの?詐欺?稼げるデジタルせどりの投資なのか検証授業!

【警告】財前先生に相談する前に投資しようなんて考えちゃいけません!

禁断の投資学校では、財前先生と生徒なっちゃんが、ありとあらゆる投資案件の調査を行い、優良な投資案件の紹介金融リテラシーの向上に繋がる知識の情報共有を行っています。

世の中の投資案件を調査してわかったことは、

・運用成績が悪く資金が目減りした
・運用に失敗して資金を失った
・出金申請しても出金されない
・運用側と連絡が取れない
・運用側が飛んで資金を持ち逃げされた

など、99%は詐欺だということです。

これまでにも、投資案件の詐欺に遭い泣き寝入りした人の相談に何度も乗ってきました。

しかしそのような中で、「本当に稼げる優良な案件」というのも存在しています。

投資で成功するためには、何よりも「人脈」「情報」が命です。

私は、投資における最強の人脈と、世に出回らない稼げる情報を持っています。

禁断の投資学校に入学することで、あなたは二度と騙されることなく、私が紹介する案件で大切な資金を増やし続けることができるようになります。

人それぞれ夢や目標は違いますが、私を信じてついてきてくれた人は「豊かな生活を手に入れた」「親孝行できた」「好きなだけ旅行に行けるようになった」「借金を完済できた」などなど沢山の嬉しいお声をいただいており、禁断の投資学校を始めて本当に良かったと思っています。

些細なことでも構いませんので、投資に関するお悩みがあれば、ぜひ私を頼ってもらえたら嬉しいです。

もちろん無料で相談に乗りますので、「この投資案件は大丈夫なのか?」「詐欺にあったかもしれない…」「現状を打開したい」など、抽象的な内容で構いませんので、ぜひお気軽にご連絡ください。

禁断の投資学校公式ライン